スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アルコールとアメリカ人

アタシの暮らすサウスカロライナというのは宗教色が濃く、宗教のベルト地帯と呼ばれる。

胸の谷間を強調するユニフォームを着たウエイトレスが売り物のレストランが
教会の対面に建つことになった際は新聞沙汰にもなった教会との確執があったし、
教会同士が信者集めに様々なイベント合戦を繰り広げる様も、我々日本人には
異様に映ることもある。

Baptistのうちのオットの両親は酒をたしなまない。(が、オットは飲酒する)

一度、日本から持ち帰った美味しい日本酒を勧めてみたが義父に

「オレは飲まない、打たない、女は変えない(離婚しない)主義だ( ̄‥ ̄)=3 」
と宣言されてあっさり引き下がったアタシ。

が、彼らの家で飲酒はしないけど、ウチに招待する際はアタシは遠慮なくワインをいただいてる。

尤も彼らの素晴らしいところはそんなアタシにもオットにも文句一つ言わず、
普通に(多分無駄だとあきらめて)接してくれていることである。

頑なに飲酒拒否をしてきた彼らだったが、5年後・・・

義父から「心臓のために」と赤ワインを買ってきてくれと頼まれたオットは、その時は
平成を装っていたが、仕事中のアタシに、全大文字で

「GUESS WHAT?! (ナニがあったか当ててみて!!)」とメールしてきた。
(ちなみにオットが買った赤ワインは渋すぎて、砂糖を入れるも、彼らには飲酒不能だった┐(´-`)┌)

そして今月に控える義父母家でのサンクスギビング、10年かけてアタシは
ワイン持ち込みサンクスギビングディナーを勝ち取った( ̄ω ̄)b!(←すぐ争う性格) 

正確にはワイン持って来てもいいわよ、という許可をいただいたのだ、わーい( ̄∇ ̄)\

勝利宣言の夜、やっぱりワインで乾杯でしょう、とこんな洒落たカツバーグを作ってみた。

エビとホタテのカツバーグ On the Fresh Spinatch(ほうれん草)
ShrimpScallop.jpg
ソースは甘み控えめのタルタルソースがMustです♪

人間は許せるモノが多くなるほど幸せになれるのさ~♪と上機嫌でワインのコルクを抜く
アタシを横目に、これで「いつ帰んのよっ!」と無言のスネ蹴りを食らわずに済むことを
考えてやっぱり幸せ顔のオットの夜だった d( ̄∇ ̄)b♪

・・・・・・・・・・・・・・



関連記事

2009/11/17(火) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

小太郎のパパ

『乾杯ww』

ワインの持込の許可が出て良かったですね^^ 酒飲みは食事の友が無いと寂しいもんです;; 私もお酒はたしなむほうなので気持ちわかります! 

2009/11/17(火) 12:29:52 | URL | [ 編集]

ハナコ

『小太郎のパパさん♪』

コメントありがとうございます~!

そうなんですー、せっかくの季節イベントがいつもアイスティなもんで、
かなりテンション下がります(笑)。
でもここまで10年かけて目の前で酔っ払ってきたかいがありました!(←いかにも
努力したかのような口ぶり・・・)
小太郎パパさんは「たしなむ」ソーシャルドリンカーでいらっしゃるけど、
私はアルコールなしでは生きていけないオンナです(^^)/~ 
「たしなむだけよ、うふ」なんて言ってみたい!

そうそう、小太郎のパパさん、その後腰の具合はいかがですか?
腰痛ってホント、つらいですよね。
ムリなさらないでくださいねー。
どうかお大事に!

Hanako

2009/11/18(水) 02:35:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/88-fcda0629
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。