スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アメリカ人のケンカ道

先日ティーンエイジャーの
娘さんを持つ友人が
学校主催の健康診断の際、

食べ物アレルギーはありますか?といった
通常の質問事項の用紙とは別に

学校に行きたくないと思ったことはありますか?
死にたいと思ったことはありますか?

といった企業の健康診断並の
精神状態をチェックする問診票があって

全く悩みのない彼女の娘さんは
「マミー、コレなにー?
なんでこんなこと聞くのー?( ̄。 ̄;) 」
と???だったらしい。

聞けば昔のような
Bully(ガキ大将)グループの
のいじめと違い

最近はSNSの普及で
それはそれは陰湿ないじめが
アメリカでも横行していて

学校もそうした被害生徒のSOSを
早い時点でキャッチしようとしているのだと。

いじめだけでなく、
アメリカの子供の
宿題の量たるやハンパなく、

遅くまで子供たちの宿題を見る
両親のライフスタイルまでをも侵食し

子供たちのストレスやプレッシャーも
ハンパでないのだという。

ワタシはいじめる側も
いじめられる側も両方体験したけれど

いじめられれた時は結局ブチ切れて
いじめっ子に殴りかかったクチなので

ワタシのように気が短く
暴力的になれない優しい子達は
本当に気の毒だと思う (-_-;)

ワタシのオットはいわゆる
クラスクラウン(クラスのひょうきん者)
だったので

友達も多く、
本人もガタイが良かったので
イジメには無関係だったらしいが

それでも今まで2度
流血戦を体験したらしい。

一度目は小学校1年生の時。

先生に呼ばれ、プリントを取りに行き
席に戻る途中で、

前の席に座っていた
黒人の男の子に
足をひっかけられ転ばされたオットは

起き上がったと同時に
のけぞって笑い転げるその子の顔面に
パンチを食らわせたらしい。

非常に健康的な子だったらしく
両鼻から鼻血が噴水のように吹き出し
大泣きするこの子を

当時担任のおばあちゃん先生が慌てて介抱し
オットを廊下に呼んでこう言った。

「ミスターイウェル、
あの子がやったことは自業自得だけれど
もうこんなことをしてはだめよ( ̄∇ ̄;)」


「はあい、ミセスサリバン ( ̄∇ ̄メ)ゞ」

「ところであたりが血の海だから
お掃除しなくちゃいけないわねぇ。
あなたのお姉さんを呼んでらっしゃい┐( ̄ω ̄)┌ 」


この事件で一番被害をこうむったのは
オットのお姉さんで、

スライド鑑賞をしていた
オットより3つ年上の姉ちゃんは

ノックもしないで
入ってきた自分の弟に

「トレーシー! 
ボクまた問題起こしたから、
来てーヽ( ̄▽ ̄)ノ」


と否応なく呼び出され
弟のしでかした、

しかも、他人の流血現場を
ひとりで掃除する羽目になったそう。

2度目はオットが高校生の時で
当時オットが付き合っていた
ガールフレンドに

思いを寄せていた
別のクラスの男子が

オットが負けたフットボールの試合で
オットにちょっかいを出した時のこと。

ただでさえ負けてイライラしているところに
自分の彼女に片思いするオトコが

「負けた負けた、やーい、やーい (o ̄∇ ̄)σ」
とコバエのようにまとわりつく。

無言で立ち去ろうとするオットに
調子に乗ったオトコが
オットの肩を小突いたその瞬間、

オット、そいつに馬乗り

瞬く間に
オット陣営と相手陣営が
二手に分かれ、

相手グループが卑怯な手出しをしないよう
本人たちのケンカを見守るのがアメリカ式。

が、頭に血が上ったオット、
相手の顔面にパンチを数発食らわすと

今度は近くに転がっていた石をむんずとつかみ

相手の額に自分の名前を掘り込んだ。

「やめろーっ!!!!
>>>ヽ( ̄◆ ̄*)ノ」


と叫んだのは相手ではなく

オット陣営。

MARKの「M」が書き込まれる
半分のところで
オットを相手から引っ剥がした。
Harf+M_convert_20141020085525.jpg

半「M」

の血文字がにじむ額をひっさげ
相手陣営はマウンドを去っていった。

「で、それを見てたアナタの彼女は
後でなんて言ったの?」


日本だったら

「いくらなんでもやりすぎよ!ヾ(`◇´;)ノ 」

と新垣結衣ちゃん演じる
黛 真知子あたりが言いそうなセリフだが

オット、得意げにこう言った。








「最後までサインするとこ
見たかったわ ( ̄▽+ ̄*)」


だって<( ̄∇ ̄)ゞ』








え?( ̄◇ ̄;)







オットがなぜ
ワタシのようなオンナをツマにしたのか

その理由が
なんとなく分かったような気がします(* ̄∇ ̄*)









卒業までこのオトコが
オットと目を合わせることは
二度となかったそうです、
メデタシメデタシ・・・(* ̄∇ ̄*)
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ









関連記事

2014/10/20(月) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

飲み歩き

『ハナコさんは猛獣使い』

こわーーーーi-282i-282i-282
写真では優しそうなのに、オットさん怖いいい~ヒィィィィ
私、オットさんとはタイマンでケンカできないわ~
絶対負けるもん!!
相手の額に名前掘るってwww日本でいうボンタン狩りですかね~
日本でケンカを見たことなかった私がオーストラリアで欧米人の
殴り合いのケンカを間近で見た時、足がすくんで動けなかったからなぁ~
(気絶&ゲロ&おしっこ漏らしそうだった、ちびったけど
周りの人が私を安全な場所まで移動してくれたので巻き込まれることもなかったけど。
しかもこのケンカに女性も参加してたからなwww

2014/10/20(月) 16:39:24 | URL | [ 編集]

クロイツェル

『No title』

私は幸い、故祖父母が実家近くに住んでおり、二人とも習い事の師範で100人ぐらい弟子を抱えており、クラスメートは大部分お弟子さん。
だから、まあ不良グループも私にはフレンドリーでした。というか、大人しいグループの方が陰湿(?)なので、不良グループと昼休みは一緒に遊んでた時もありましたし…大縄跳びしてた記憶があります(笑) 
意外とヤンチャな奴らの方がサッパリしていて、気分の良い奴が多かった。

確かに一人タチの悪いのが居たのですが(門下ではなかった)、何か月かに1回気まぐれに因縁つけてくるだけでしたので、ほおっておきました。
ぶん殴ろうにも、10年以上前にその人物は既に他界。中学卒業後、その筋に加担しており…うん。

>アメリカの子供の 宿題の量たるやハンパなく、

病んでいるのは日本だけではなかったのですね。
全くの初耳です。大学を出るのが大変なのは知っていましたが。

>オットが高校生の時で当時オットが付き合っていたガールフレンドに~

このくだりは青春ですなあ。

>オットがなぜワタシのようなオンナをツマにしたのか その理由がなんとなく分かったような気がします

前にもコメントしましたが、旦那さんはハナコさんを”ヤマトナデシコ”と派手に勘違いされ、先日の記事ではないですが旦那さんのセリフ「何故僕は結婚したんだろう」というオチに繋がる…伏線につぐ伏線の嵐。凝った記事ですねw

リンク先記事より
>ワタシはゆかりちゃんの胸倉をつかんで 床でくんずほぐれつの大ゲンカ。

部活の練習友達と大喧嘩して、同じようになりました苦笑

>ケンカも恋も若いうちに∠( ̄◇ ̄)

全くです。
もう今では取っ組み合いする気力もなく、恋する気持ちも忘れました。だから今は30代のママさんたちと仲良くしてます。楽しいものですよ。お互いに心の余裕があるので。
20代の女の子たちだとサッパリ話が合わない苦笑 まあロリコンより、こっちの方が遥かに危ない気がしなくもないですが。
気の合う女友達は見事に皆、海外に飛び出してゆき、結婚したんです。海外に飛び出してまで、クロから逃げたかったのでしょうねw
ではでは。

2014/10/21(火) 04:52:24 | URL | [ 編集]

飲み歩きさん:

『Re: ハナコさんは猛獣使い』

> こわーーーーi-282i-282i-282
> 写真では優しそうなのに、オットさん怖いいい~ヒィィィィ
> 私、オットさんとはタイマンでケンカできないわ~
> 絶対負けるもん!!>>>

負けないでー、勝って勝って!
いやいや、やっぱり手ぇだしてもらわないほうがいいか・・・汗

> 相手の額に名前掘るってwww日本でいうボンタン狩りですかね~>>>

ボンタン狩りってなーにー飲み歩きさん???
ボンタンルックってのは、学生時代あったんですがね。
ドカン(土管:あ、漢字でこう書くんだ・・・)はいた
学生服の不良をこう呼んでました。え?知らない?

> 日本でケンカを見たことなかった私がオーストラリアで欧米人の
> 殴り合いのケンカを間近で見た時、足がすくんで動けなかったからなぁ~
> (気絶&ゲロ&おしっこ漏らしそうだった、ちびったけど
> 周りの人が私を安全な場所まで移動してくれたので巻き込まれることもなかったけど。
> しかもこのケンカに女性も参加してたからなwww>>>

サイズでかい人達が殴りあいしてると
どっちか死んじゃうんじゃないかと思ってコワイですよねー。
おかげでホンモノは見たことないです。
見たらゼッタイ「ブログねた~!」って撮影しそお(爆)

2014/10/22(水) 02:11:33 | URL | [ 編集]

Ace

『No title』

夫さん、昔から女性の趣味が一致してるんですね~~(Hanakoさんも言いそう!!!)

しかし、、、、なんで??夫さん、相手の額にサインをしようと思ったんでしょうかね?v-7

2014/10/22(水) 10:08:03 | URL | [ 編集]

Mikko-chan

『No title』

ご主人 写真では、温厚そうに見えるけど
結構 血の気が、多い時が、あったのですね!

石で血文字って、笑えるけど。
相手もMと書かれた額が、憎かったでしょう。

やっぱ、面白いわ。Hanakoさん夫婦

2014/10/24(金) 13:09:37 | URL | [ 編集]

クロイツェルさん:

『Re: No title』

> 私は幸い、故祖父母が実家近くに住んでおり、
二人とも習い事の師範で100人ぐらい弟子を抱えており、クラスメートは大部分お弟子さん。
> だから、まあ不良グループも私にはフレンドリーでした。というか、大人しいグループの方が陰湿(?)なので、不良グループと昼休みは一緒に遊んでた時もありましたし…大縄跳びしてた記憶があります(笑) 
> 意外とヤンチャな奴らの方がサッパリしていて、気分の良い奴が多かった。>>>

大縄跳び、なんて懐かしい。
ゴム飛びはしなかったんですか?
オンナ飛びしててくれたらうれしいです(爆)

> > 確かに一人タチの悪いのが居たのですが(門下ではなかった)、
何か月かに1回気まぐれに因縁つけてくるだけでしたので、ほおっておきました。
> ぶん殴ろうにも、10年以上前にその人物は既に他界。中学卒業後、その筋に加担しており…うん。>>>

じゃああの世で思いをはらしてください。
エコエコアザラクエコエコアザラク・・・・・


> 病んでいるのは日本だけではなかったのですね。
> 全くの初耳です。大学を出るのが大変なのは知っていましたが。>>>

中学生の段階からすっごく分厚い本を渡されて
数日でレポート出せ、ってレベルなんだそうです。
日本に生まれててよかった・・・

> 前にもコメントしましたが、旦那さんはハナコさんを”ヤマトナデシコ”と派手に勘違いされ、先日の記事ではないですが旦那さんのセリフ「何故僕は結婚したんだろう」というオチに繋がる…伏線につぐ伏線の嵐。凝った記事ですねw>>>

そうです、ナデシコというよりナタデココ、いえウソです
ただ単にネコ40匹くらいかぶってただけです。
今ぜんぶ頭の上から飛び降りてます。
ケンカも恋も若いうちに∠( ̄◇ ̄)

> 全くです。
> もう今では取っ組み合いする気力もなく、恋する気持ちも忘れました。だから今は30代のママさんたちと仲良くしてます。楽しいものですよ。お互いに心の余裕があるので。
> 20代の女の子たちだとサッパリ話が合わない苦笑 まあロリコンより、こっちの方が遥かに危ない気がしなくもないですが。
> 気の合う女友達は見事に皆、海外に飛び出してゆき、結婚したんです。海外に飛び出してまで、クロから逃げたかったのでしょうねw
> ではでは。>>>

クロイツェルさん、引用が引用を呼んで私たちのコメントの
やり取りは小説化しています。。。。。爆
30代のママさん達に色気づかないって、しつれーよ、クロイツェルさん。
ごっこでいいから、いやー、XXさん、きれいだなー、僕、ドキドキしちゃうなーって
言ってみておくんなまし。
でも訴えられたら責任取りません( ̄▼ ̄*)/

2014/10/25(土) 01:44:28 | URL | [ 編集]

Aceさん:

『Re: No title』

> 夫さん、昔から女性の趣味が一致してるんですね~~
(Hanakoさんも言いそう!!!)>>>

そうそう、きっとAceさんに会ったらイッパツで恋に落ちますよー

>
> しかし、、、、なんで??夫さん、
相手の額にサインをしようと思ったんでしょうかね?v-7>>>

自分で理由がわかっていたら
きっと道端の石をつかんでサインしようとはしなかったでしょうねー、あは・・あはははは( ̄▼ ̄;)

2014/10/25(土) 01:45:55 | URL | [ 編集]

Mikko-chanさん:

『Re: No title』

> ご主人 写真では、温厚そうに見えるけど
> 結構 血の気が、多い時が、あったのですね!>>>

温厚なんですが、切れると切れます・・・って当たり前か。。。。笑
結構ゆうずうがきかない、というか、頑固なところがあるんで
ってツマであるワタシしか知りませんが、オフィスでは
ずうずうしくはっきりモノを言うのできっと敵は多いはずなんです( ̄▼ ̄;)ヾ

>
> 石で血文字って、笑えるけど。
> 相手もMと書かれた額が、憎かったでしょう。
> > やっぱ、面白いわ。Hanakoさん夫婦>>>

アメリカって、一度負けると
もう二度と手をださないそうです。
まるで映画の世界なんですが、
だからアメリカ人ってあっけらかんとしてるんですかねー????

2014/10/25(土) 01:49:02 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/864-fae76dad
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。