スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ところ変われば品変わる?!

実は私は秋田と福島のハーフである。
そして秋田と福島の純血種が交配すると一生小麦色になれない日本人おばばが誕生する。

小さい頃からたった一回しかカワイイと言ってもらえなかった私が
唯一誉められたのがこの色白の肌・・だったのに!

アメリカでは一度たりとも褒められたことがないというこの事実
それもそのはず・・・
日本は空前の美白ブームだが、アメリカでは老若男女問わず小麦色の肌が永遠のステイタス

実際、戻しそこねた干しシイタケ肌のオバちゃんだって誇らしげに外を歩いてる( ̄▽ ̄;)。

父よ、母よ・・・日本でぶりぶり言わせてた、下手すると白人のオットのケツよりも
白いかもしれない私の肌は、アメリカで肩身の狭い思いをしているけど、アタシは元気です。

それから・・・ここでは

「お尻は大きい方が魅力的」

という事実。

日本人が逆立ちしたって、ここで見かける「すんませんが、そのお尻の上で税関申告書、
書いていいですか?」的尻形状はならないので敢えて大きなお尻、と書くが、
その存在にさえ気がつかないくらい小さなお尻は全くの魅力薄らしい。

中学生の頃「でっちり(出っ尻)」と笑われた私のヒップはここではそこそこの評価を
受ける。お尻だけでなく、日本ではコンプレックスの元凶だったイロイロな自分の特徴や個性が
ここではポジティグに評価されるなんて、これって、アメリカとか体型とか外部的なことでなく、
いろんなことに通じることなのかも。

ところで以前、日本の雑誌で体型維持にすさまじい努力を注ぐ美しいママ達特集を見たの
だが、“私はこうやってヒップアップしています”記事で、スーパーボールをお尻にはさんで
家事をしている美女ママを見た。

黒いパンツに黄色いスーパーボールをお尻にはさみ、皿洗いをしながら振り向きざまに
ニッコリ微笑む美人ママだったが、黒いパンツのお尻の割れ目から黄色いスーパーボールが
「こんにちは」している図は、う○こがはみ出してる図にしかみえなかった。

すごいよなー、日本の女性達への体型維持への努力って( ̄∇ ̄;)。

こんな下世話な話題の後、食べ物の話なんてしてもいいだろうか、と躊躇したが、せっかく
作ったことだし、ってんで、今日は・・・・・

鶏肉のワイン煮込み
Wine Chicken

ガーリックスライスをたくさん、バターで香りを出したら強めに塩コショウした鶏肉を入れ、
軽く焦げ目をつける。白ワインをたっぷり注ぎ、中弱火で蒸し煮。
仕上げにモツァレラチーズと生クリームを加え、チーズが溶けたら出来上がり。
Wine Chikcken done

これもワインにぴったし!

使用上の注意:

お尻を大きくさせるのにピッタシですが、他の部分も大きくなる可能性もありますので、
食べ過ぎにはくれぐれもご注意を∠( ̄◇ ̄)
      

関連記事

2009/10/22(木) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/75-2a963fb0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。