スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

嫌われたくない日本人

アメリカ人が
オフィスにいない職場に勤めて早9ヶ月。

ある意味アメリカ人より難解な宇宙人、
イケメン君がいることはいるが

忘れていた
日本の慣習を理解することを余儀なくされ
ストレスのたまる日々であるo( ̄‐ ̄*)

以前の会社では、日本人が
アメリカ人の考え方を理解する努力が必要

という土壌が当たりまえだったのに対し、
ここでは「日本ではこうですから」
という態度がまかり通る。

3度のおまんまを食うには
歩み寄りも必要、と

日本人ってナニ考えてたんだっけ
日本人の常識ってどんなんだったっけと

「So What?」な態度だけが魅力だった
このワタシともあろうオンナが

以前は完全にスルーしていた
ネット上のあらゆる「常識・非常識」
カテゴリーをチェックする

「他人の目線を気にするオンナ」
に成り果てていた(o_ _)o

コレはアレだ。

いくつになっても「セクシー」だの
「魅力的」だのと、女性がちやほやされる
だからミポリンや雨宮塔子が帰りたがらない

フランスやイタリアから帰国した日本女性が
いきなり「圏外」な「年寄り」にしか
扱われなくなったと嘆く状態に良く似ている。

それにしても日本にはなんと
「嫌われないため」特集の多いことか。

それも女性をターゲットにした
「男性ウケのいいメイク講座」
「上司ウケのいいヘアスタイル」
「合コンで嫌われる服装トップ〇〇」
「彼氏が男友達に「自慢したくなる彼女」9パターン」
「男性がギュッと抱きしめたくなる「冬の女性ファッション」3つ」
「男心にキュンキュンくる「癒し系女子」になれる会話4つ」
「気を付けて!男性からの「信頼をなくす」NGワード4つ」


( ̄◇ ̄;)

日本には男に媚売ることしか
考えてない女しかおらんのかっ\( ̄皿 ̄メ)

アンタらどんだけ嫌われること怖がっとるんっ\( ̄皿 ̄メ)

最初は面白半分で読んでいたワタシだが
そのあまりに「嫌われないための〇〇」特集が多すぎて
しまいにはタイトルを目にするだけでウンザリ。

それにしても、日本には
こんな記事ばかりを鵜呑みにする女性を
理想とするようなくだらん男性しかおらんのか!?
と不安になっていたらこんなのを発見。


「超意外!男が虜になるのは
「女の匂いではなく●●」だった」


これによると、ドイツにある
『マックス・プランク研究所』なるところが
人はパートナーの選択において、
自分と同じような匂いを嗅ぐと脳が活発化する、

つまり恋に落ちたのと同じ状態になる、
すなわち、人はパートナーの選択において、
自分と同じような匂いのする相手を選んでいるのではないか
と結論付けていたのだが、

この記事、

“「香水をつけるときはつけすぎず、
自分の匂いと混ぜ合わせるように」とはよく言いますが、
気になる男性の匂いを混ぜるようにつけることが、
その男性を惹きつけるのかもしれません。

たとえば、彼の汗をぬぐったハンカチをバッグやポケットに
それとなく忍ばせておくなど、試してみては?”


と結んでいた。

「マジ?マジで言ってる・・・?щ( ̄▽ ̄*щ)」

とドン引きしたハナコだったが
その下にソッコーで入っていた
コメントを読んで安心した。


こんな下らん事
毎日考えて生きてる馬鹿女、、引くわ。
それよりちゃんと仕事しろ!!
\( ̄皿 ̄メ)

2013/2/8 2:06 [ 匿名 ]







日本はまだまだ大丈夫なようです(* ̄∇ ̄*)
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ








関連記事

2013/03/11(月) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

ありさ

『No title』

はじめまして、はなこさん。
何かをグーグルしていて、はなこさんのホームページにたどり着きましたが、はなこさんの話はいつもおもしろすぎます。という事で、今日も笑わせて頂きました。
私も、日本の社会では『?』と思っていたので、今はカナダにおります。
これからもますますおもしろいホームページ期待してます。

2013/03/11(月) 10:52:32 | URL | [ 編集]

Mikko-chan

『No title』

日本は、(アジア一般?) 若ければ若いほど
女は、いいみたいな風潮ですよね。

かわいこぶりっこって、そんなに男受けするのかしら?

臭い、匂い?のメカニズムをTVでやってましたけど
惹かれる匂いって、自分の体臭から 遠い人に
惹かれるって、やってましたね。

私も、ついつい惹かれる匂いがあるんです。
たぶん 体臭なんだと思うのですが、日本人は
大体が無臭か、臭う人は、腋臭ですよね。

日本人には、まだお目にかかった事ない匂いに
なぜか、私は惹かれます。

2013/03/11(月) 12:40:19 | URL | [ 編集]

『No title』

こんにちは!

うんうんうんとうなずきながら読んでいましたよ^^
女性に限らず日本全体が村文化みたいのがあるのでしょうか?いつも思うのですが良い意味で皆が同じなんておかしいのになと。。。
意見ありますか?と聞かれ、その時は意見は言わず後になろと影で言うのが嫌だななんて思います。
↑の女性が多いのは女子○○○○という仕事に多い気がします。
↑こんな下らん事
毎日考えて生きてる馬鹿女、、引くわ。
それよりちゃんと仕事しろ!!
\( ̄皿 ̄メ)

2013/2/8 2:06 [ 匿名 ]
>私もそお思います!

話しは変わりますが。。。会社のイケメン君は日本人なんですね^^
又変わりますが。。。はなこさんはNYに行くことなんてありますか?

2013/03/11(月) 19:43:11 | URL | [ 編集]

ユーリ

『No title』

アメリカでも日本でも上記のような特集記事を組む女性誌は日系の美容室に行った時だけ暇潰しに読んでいました。

私が不思議に思うのは記事を企画、編集する作り手の人達です。毎年毎年同じようなアホな記事を企画してどう思っているのかと。

不況で販売部数も落ち込んでいると思うので、そういう類の一部の女性誌はいっそのこと廃刊にしたらいいのに。

アメリカの職場は会社のイベントが少ないのは良かったですが、自分がミスして取引先にも迷惑をかけても絶対謝らない、悪びれない同僚が何人もいてストレス大でした。彼らが隙あらば自分以外の誰かのせいにしようとするのも毎度の事でした。
銀行やスーパーも仕事がいい加減でお客さんにとって負担になるんですよね。

日本の職場の場合は集団意識が強すぎて息苦しいという面があるので、日米どちらがいいかは一長一短です。

慣れない環境で大変だと思いますが、Hanakoさんお体を大切に。

2013/03/12(火) 00:20:15 | URL | [ 編集]

ありささん♪:

『Re: No title』

> はじめまして、はなこさん。
> 何かをグーグルしていて、はなこさんのホームページにたどり着きましたが、
はなこさんの話はいつもおもしろすぎます。という事で、今日も笑わせて頂きました。>>>

ありささん、はじめまして!
コメントありがとうございました。
色々考えるとこあり、の日々もありますが
ありささんに笑っていただけたことがうれしいです。

> 私も、日本の社会では『?』と思っていたので、今はカナダにおります。
> これからもますますおもしろいホームページ期待してます。>>>

カナダにはこれまた面白いことを書くブロガーさんがいるんですよ。
「とろ~んと・トロント」を書いてるAceさんという方なんですが、
爆笑ですから、覗いてみてください。

日本の社会、アメ社会も「?」ってことが多々ありますが、
人生いろんなことが起こったほうが楽しいですよね(^^)b
元気の出るコメントありがとうございました!

2013/03/12(火) 01:44:51 | URL | [ 編集]

Mikko-chanさん♪:

『Re: No title』

> 日本は、(アジア一般?) 若ければ若いほど
> 女は、いいみたいな風潮ですよね。>
> かわいこぶりっこって、そんなに男受けするのかしら?>>>

そうですねえ、40になっても
50に名っても18歳に見えたい、ってのは
時々恐怖を感じます。
かわいこぶりっこ、懐かしいですね、あれはゼッタイ年齢制限設けて
違反者は切符切って欲しいです( ̄  ̄メ)

> > 臭い、匂い?のメカニズムをTVでやってましたけど
> 惹かれる匂いって、自分の体臭から 遠い人に
> 惹かれるって、やってましたね。
> > 私も、ついつい惹かれる匂いがあるんです。
> たぶん 体臭なんだと思うのですが、日本人は
> 大体が無臭か、臭う人は、腋臭ですよね。>>>

<<<脇臭>>>!?
Mikko-chanさんのまったく予想だにしていなかった
コメントに下あごが落ちました。
いや~、ナイスなコメントですね(^^;)

> > 日本人には、まだお目にかかった事ない匂いに
> なぜか、私は惹かれます。>>>

日本人には未だお目にかかったことない匂い・・・
ううう・・・いったいどんな匂いなんでしょう。
Mikko-chanさんが惹かれる、という匂いをワタシも嗅いでみたい・・・( ̄m ̄)

2013/03/12(火) 01:48:54 | URL | [ 編集]

苺さん♪:

『Re: No title』

> こんにちは!
>> うんうんうんとうなずきながら読んでいましたよ^^
> 女性に限らず日本全体が村文化みたいのがあるのでしょうか?
いつも思うのですが良い意味で皆が同じなんておかしいのになと。。。
> 意見ありますか?と聞かれ、その時は意見は言わず後になろと影で言うのが嫌だななんて思います。
> ↑の女性が多いのは女子○○○○という仕事に多い気がします。>>>

同じ価値観であることを強いられる、
という気がします・・・・
ちょっと違っていると、みなにハブられるか
却って「英雄視」される、というような極端な分かれ方、
とでも言うんでしょうか・・・なんか大変感イッパイですよね(^^;)
ところで女子〇〇〇〇って仕事ってなんなんでしょう・・・
気になって眠れない(笑)

> ↑こんな下らん事
> 毎日考えて生きてる馬鹿女、、引くわ。
> それよりちゃんと仕事しろ!!
> \( ̄皿 ̄メ)
> > 2013/2/8 2:06 [ 匿名 ]
> >私もそお思います!>>>

いや~、おかげさまでこの方のおかげで
すっきりしますたわ(^^*)

> > 話しは変わりますが。。。会社のイケメン君は日本人なんですね^^>>>
そうです。
イケメンなだけです(爆)

> 又変わりますが。。。はなこさんはNYに行くことなんてありますか?>>>

NY、行きたいんですー苺さんっ
オットと是非行ってみたい、と毎年話し合ってる
万年NY憧れ隊の一員ですぅ(^^;)ヾ

2013/03/12(火) 01:53:52 | URL | [ 編集]

ユーリさん♪:

『Re: No title』

> アメリカでも日本でも上記のような特集記事を組む女性誌は
日系の美容室に行った時だけ暇潰しに読んでいました。
> > 私が不思議に思うのは記事を企画、編集する作り手の人達です。
毎年毎年同じようなアホな記事を企画してどう思っているのかと。
> > 不況で販売部数も落ち込んでいると思うので、
そういう類の一部の女性誌はいっそのこと廃刊にしたらいいのに。>>>

おっしゃるとおりです。
書いている人間のカオが見たい、と思いますねえ。
でもそういう記事の閲覧数が多いというのが
そういう記事がなくならない原因なんでしょうね。

>> アメリカの職場は会社のイベントが少ないのは良かったですが、
自分がミスして取引先にも迷惑をかけても絶対謝らない、
悪びれない同僚が何人もいてストレス大でした。
彼らが隙あらば自分以外の誰かのせいにしようとするのも毎度の事でした。>>>

ワタシも十何年いてつくづく勉強しましたが
州のカラー、会社のカラー、社内での日本人の位置や評価によって
ずいぶん違うことを学びました。
昔いた会社は本当に日本人をバカにしてましたし、
全てワタシのせいにされていましたが、その後の会社では日本人への
リスペクトがあって、天と地のごとく労働環境が改善されました。

> 銀行やスーパーも仕事がいい加減でお客さんにとって負担になるんですよね。
> > 日本の職場の場合は集団意識が強すぎて息苦しいという面があるので、
日米どちらがいいかは一長一短です。
> > 慣れない環境で大変だと思いますが、Hanakoさんお体を大切に。>>>

まさにそれを今体験してますが、いやあ、日本を離れて長すぎなので
慣れるのはなかなか大変ですわー(^^;)
ユーリさん、優しいコメントをありがとうございます。
心遣い、うれしく思います!

2013/03/12(火) 01:59:58 | URL | [ 編集]

Ace

『No title』

へ~、Hanakoさんの新しい職場って日本人だけなんですね。確かに、Hanakoさんの気質にはアメリカ~ンな、アバウトな、大らかさが合っている様な気もしますが、あはっはは (^<) そうそう、どすの利いたSo What??な感じ。

でも、あ~、日本人だけの職場と、自分だけが日本人の職場ってか~な~り~差がありますよねー!!

今でもたま~~にバイトしてますが、そこで昔仕事してた時に一番うけたのは、名ばかりの出来損ない上司に電話が入って、「xxマネージャー、お電話ですー。」って電話を取った子が言ったのに対して、

(--)「、、、英語?」、、、っていちいち確認してる上司。

やばい、やばいって(^^;)、、、

好きな相手の汗を含んだハンカチを持ち歩くー?! ま、もしかしたら、その相手の気を引く事は出来るかもしれませんが、それ以外の相手からは確実に嫌われるでしょうね (--)b

2013/03/12(火) 10:52:06 | URL | [ 編集]

通りがかりの者再び。

『特になし』

彼に作ってあげたいご飯「彼ご飯」、とか、彼の胃袋をつかむご飯、とか、本当に食べたい彼女の手作りご飯、とか、ここもまた、男の目しか気にしないレシピや本が満載。見る気も失せる、けど、どんなものがニッポン男児に人気なのかちょっとみて見たい(イギリス在住)今日この頃。お願いだから肉じゃがとかやめてよね。

2013/03/13(水) 17:21:55 | URL | [ 編集]

Aceさん♪:

『Re: No title』

> へ~、Hanakoさんの新しい職場って日本人だけなんですね。
確かに、Hanakoさんの気質にはアメリカ~ンな、アバウトな、
大らかさが合っている様な気もしますが、
あはっはは (^<) そうそう、どすの利いたSo What??な感じ。>>>

すごいですよね、このカルチャーショック、って自分がもといた世界ぢゃん!?(笑)
アメリカのオフィスで初めて働いた時は「何じゃあこれ?!}
と思っていた全ての出来事が今はそれが普通だと感じてますからねえ、
人生わかんないもんです(^^;)

> > でも、あ~、日本人だけの職場と、自分だけが日本人の職場ってか~な~り~差がありますよねー!!
> > 今でもたま~~にバイトしてますが、そこで昔仕事してた時に一番うけたのは、名ばかりの出来損ない上司に電話が入って、「xxマネージャー、お電話ですー。」って電話を取った子が言ったのに対して、
> > (--)「、、、英語?」、、、っていちいち確認してる上司。
> > やばい、やばいって(^^;)、、、
> >>>

わかりますわかります!!!
ワタシも前の職場で「アメリカ人ですが・・・・(知ってます?しゃべります?)」
という取り次ぎ方をしてました(爆)

> 好きな相手の汗を含んだハンカチを持ち歩くー?! 
ま、もしかしたら、その相手の気を引く事は出来るかもしれませんが、
それ以外の相手からは確実に嫌われるでしょうね (--)b>>>

ワタシがオトコだったら、つかオンナでも
ワタシの持ち物をこっそり持ち歩いている相手となんか関わりたくありません。
そんな相手が存在しているか否かはこの際、問わないとして・・・( ̄  ̄)

2013/03/14(木) 01:51:31 | URL | [ 編集]

通りがかりのものさん♪:

『Re: 特になし』

> 彼に作ってあげたいご飯「彼ご飯」、とか、
彼の胃袋をつかむご飯、とか、本当に食べたい彼女の手作りご飯、とか、
ここもまた、男の目しか気にしないレシピや本が満載。
見る気も失せる、けど、どんなものがニッポン男児に
人気なのかちょっとみて見たい(イギリス在住)今日この頃。
お願いだから肉じゃがとかやめてよね。>>>

キャハハハハ!!!!!
そうそう、こういう類のものってそういうわれわれの
劣情を刺激して「家政婦のミタ」的行動に駆られますわよね?(笑)
多分彼らの母親はもう肉じゃがとか作ってないジェねレーションだったりして
喜んでいいのか悲しんでいいのか、ってところなのかもしれませんね(笑)
イギリスにお住まいなんでか?ステキー!!
イギリスではどうなんでしょう????

2013/03/18(月) 10:16:47 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/736-90dc8984
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。