スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秀逸コメント

昨日いただいたコメントが
あまりに秀逸すぎて

ブログネタにしてしまう欲望を
抑えられなかったハナコです・・・・

またヒトのフンドシで相撲とってんのかよ?
という声が聞こえましたが、

聞こえなかったフリをして、
先に進みたいと思います∠( ̄◇ ̄)

一番バッターHiromiさん。

英語の授業中に音読があたった
マジメだけれどちょっと天然な男子、

いい調子で読んでいる途中で止まり…
「先生、‘ウォッシュ・イン・グートンって、なんですか?」

…教室は爆笑の渦に。

‘Washington’(地名のワシントン)の綴りを、
クラス全員が一発で覚えた瞬間でした。


これは有名な良い子の唄、
「金太の大冒険」中の有名なフレーズ
「金太負けるな!金太負けるな、キンタマ蹴るな」
の英語版といったとこでしょうか?(* ̄m ̄) 




二番バッターihatoveさん

入国審査にて、「Have you got sprits?(酒を持っているか?)」
と聞かれた会社役員が「Yes, I have "Yamato damashi"!」
と答えたことがあったとか。

他にも入国カードの性別(sex)の欄に「twice a month」
と答えたつわものがいたとかいなかったとか(爆)。
本当かどうかは知りませぬ。


そういえばウチの母が、
高校生だったワタシと弟をつかまえて
タイ上空にて

「あんた達、このセックス欄に
週二回なんて書いちゃだめよ」

とドヤ顔で説教してたことを思い出しますた。

高校生ながら悶絶した声にならない声・・・
どーすんだよ、この空気・・・(; ̄〓 ̄;) 




三番バッターゆなみさん

この前マックのドライブスルーで3回聞き返されて
「I'll through to the window」

とかなんとか訳の分からない言葉を発し、子供に
ママ・・なんかおかしかったみたい・・・と遠慮がちに言われ

「中で話すからもういいの!」と逆切れし・・・(苦笑)
ああ・・・・・狙って冗談言ってみたい・・


ウン十年前、マックのカウンターで
「えーす(S)、えーむ(M)、えーる(L)、あい うぉんと えーむ!」
と青年の主張をしたのにまったく通じず
泣く泣くLサイズのフレンチフライを食べた20代・・・




そして花形4番バッターオレオレさん

『ウチの会社の』おっさんは、
朝、エレベーターで一緒になった同僚の非Japaneseの女の子に
"Which floor?"と訊ねた逸話を持っております。

そのおっさんじゃないけど、日本式に謙遜して
女房を「愚妻」と呼びたかったんだろうと思われる
別のおっさんの


「this is my stupid wife」

というネタも取り揃えております。
いろいろあるわねー。
会社のお金で英会話学校行っててコレかよ、と思いますが。


どんなに好意的に訳しても

「これがうちのバカ妻です(o ̄∇ ̄)σ」

輝くべき2012年アタシ流コメント大賞
「日本人英語の部」は
オレオレさんに決定!






入国審査のSex(性別)チェック
うちのオットの十八番は
「Yes Please!♪( ̄▽ ̄)ノ」
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしかったら押してくだされ~。






関連記事

2012/06/13(水) | ブログ | トラックバック(0) | コメント(18)

«  |  HOME  |  »

すみれ

『出遅れましたが・・・』

いやーー、ウケまくりでした!(爆)
いくら英語がパッパラパーなワタクシでも
Washingtonを分割して読むことはできないわっ!

で、「twice a month」は
「週二回なんて書いちゃだめよ」のHanakoさんのお母様が大正解!
『正解』っていうのは、昔々、村田英雄がやっちゃった事実だってば。

それにしても
ずーと昔の昔、NYで、Lサイズのダイエットコーラを無理矢理、
腹に流し込んだ張本人がここにいます(^^ゞあー恥ずかしや。
何でもにっこり薄ら笑いで「Yes!」の悪い癖・・・(>_<)

2012/06/13(水) 14:35:20 | URL | [ 編集]

オレオレ

『おおきに!』

僭越ながらstupidオレオレ、ありがたくコメント大賞を頂戴つかまつりまする。
落ち込んだブルーなときにでも思い出しても思わず笑ってしまう、湿った心にも太陽を、今後もそんなコメントで頑張ってゆきたいと思います。てかさ、「何階?」って訊ねられた女の子がなんて答えたのか聞きそびれた・・・私だったら、WTFですわねー、迷わず(笑)。

2012/06/13(水) 14:57:42 | URL | [ 編集]

Hiromi

『光栄です(^^)』

笑っていただけて、うれしいです!!
またいいネタがあれば持ってきますね♪

Hanakoさんのトピの立て方こそが秀逸だと、
毎回タイトルを見るたびに感じ入ってます(^^)

2012/06/13(水) 18:40:31 | URL | [ 編集]

ihatov1001

『No title』

ありゃりゃ、何だか光栄です。

じゃ、もうひとネタ。イギリスにはCambridge大学が主催する英検の様な試験があるのですが、その模擬面接のとある応答の中で、私の知人が「She used to be a cook.(彼女はかつて料理人でした)」と答えたつもりが、「cook」をうっかり日本語発音の「コック」と言ってしまい、図らずも彼女の発言は「She used to be a "cock" .」と試験官にとられてしまったいう事がありました。その試験官だったイギリス人は「Did she? Really!」と目を白黒させていたとか。試験官もその日本人も私の知り合いだったことにより、発覚した出来事でした(笑)。

ちなみに、以前にも書いたと思いますが、その日本人の彼女は帰国後、イギリス人と連れ立って入った居酒屋にて魚の白子を「fish testicles」とそのイギリス人に説明し、「んなもん、魚にはついていない!」と大笑いされた人です(爆)。

2012/06/13(水) 20:34:52 | URL | [ 編集]

あんじぇりか

『No title』

あ~、楽しかった&ためになるわ~!

これから高校生になった息子が数々の迷言を発してくれるでしょう。楽しみだわ。

日本語も怪しい娘は英語に変換するのに苦労するようで、お願い事で電話をさせるのだけど、苦労することもあるようです。

一方、スdネイ全てを放棄した母は直接対峙なら度胸で言い負かす?言い切る?で何とか乗り越えるのだが電話は苦手でセールス電話かけてきたやつに電話を切られている。くやし~!

今日から夏学期、午前中だけは一人でPC三昧の楽しい時間だす。

しかし、エアーダクトクリーニング、2回もメールしたのに返信がない、なんでだろう?なんでだろう?
直接電話するのが嫌な娘の作戦は失敗だったモヨウ。

2012/06/13(水) 22:18:52 | URL | [ 編集]

Maia

『No title』

これ最高おもしろいですねー。
そういうえば うちのアメ人が XXさん(日本人駐在員)が いつも "Indianapolis のXXです。”っていうのが 
"Indiana POLICE" に聞こえてめちゃおもしろいって言ってました。 たしかに インディア ナポリスって”ナ”にアクセントがあるのに 続けて平坦に行っちゃうので ”インディアナ警察のXXでーす。”って聞こえるって....
 あと このXXさん、 お会計に ”ビルプリーズ”って言ったら ”Beer please"と間違えられ、帰ろうと思ったのにまた飲んじゃったよ。って話があります。 
英語難しいでーす。(爆) 

2012/06/14(木) 01:01:40 | URL | [ 編集]

しま。

『うん、まぁ。無題。』

おお~。
昔母親に聞いたウォッシュイングートンの話、鮮明に思い出しました。。。。いや、聞いただけなんですケド。
そういえば。
昔、家に外国人のお客様が来た友達のHちゃん。
どう対応していいか分からず、友達のMちゃんに電話で聞いたところ、
Mちゃんが、『How are you? 』って聞いて、相手がなんか言ったら、『Me, too.』って答えておけ!!という、当時の小学生の頭を絞った回答(?)を教え、友達Hちゃん、実行。
結果として、まず、『How are you?』を『Who are you?』と言いちがえ、さらに、外国人の奥さんの方に聞いてしまい、ちょっとふざけた奥さんが、『Who are you?』にダンナの名前を答えてしまったのです。
それを聞いた友達Hちゃんはすかさず『Me, too!!』
。。。ここから先は、ご想像にお任せします。

それと、この前『TシャツにJapanese書いてあるから、これを英語に訳して!!』と言ってきた男の子がいました。
そのTシャツにはでかでかと『お母様♡』と書いてありました。(何故)

2012/06/14(木) 10:47:13 | URL | [ 編集]

すみれさん♪:

『Re: 出遅れましたが・・・』

> いやーー、ウケまくりでした!(爆)
> いくら英語がパッパラパーなワタクシでも
> Washingtonを分割して読むことはできないわっ!>>>

ワタシも読めるとこだけ読んでみっか、
という発想に新鮮さを感じました(爆)!!

> > で、「twice a month」は
> 「週二回なんて書いちゃだめよ」のHanakoさんのお母様が大正解!
> 『正解』っていうのは、昔々、村田英雄がやっちゃった事実だってば。>>>

村田英雄さんは週2回だったんですか?
ワタシが知っていた時代ですでに50代だったはず、
まあ、お元気な方だったんですね(^m^*)

> > それにしても
> ずーと昔の昔、NYで、Lサイズのダイエットコーラを無理矢理、
> 腹に流し込んだ張本人がここにいます(^^ゞあー恥ずかしや。
> 何でもにっこり薄ら笑いで「Yes!」の悪い癖・・・(>_<)>>>

すごっ!
普通の日本人はSをようやく飲み終えるカンジですから
すみれさん、根性で完飲なさったんですね!
さすが、無駄を許さない大和なでしこ!!! エコ~♪(笑)

2012/06/15(金) 10:44:10 | URL | [ 編集]

オレオレさん♪:

『Re: おおきに!』

> 僭越ながらstupidオレオレ、
ありがたくコメント大賞を頂戴つかまつりまする。>>>

いや~、ハラの底から笑わせていただきましたわ(爆)
その時の周りの米人のリアクションレポートが後日談として聞きたかったのが
なんとも心残りです・・・
でもこのネタ、飲んだ席でめちゃうけそう(爆)
Conversation Pieceをありがとうごぜーましただっ!!

> 落ち込んだブルーなときにでも思い出しても思わず笑ってしまう、
湿った心にも太陽を、今後もそんなコメントで頑張ってゆきたいと思います。
てかさ、「何階?」って訊ねられた女の子がなんて答えたのか聞きそびれた・・・
私だったら、WTFですわねー、迷わず(笑)。>>>

ワタシだったら「Are you shi〇〇ing me?」かなあ、
まあ、ワタシったら、なんて下品(^m^;)


2012/06/15(金) 10:47:44 | URL | [ 編集]

Hiromiさん♪:

『Re: 光栄です(^^)』

> 笑っていただけて、うれしいです!!
> またいいネタがあれば持ってきますね♪>>>

そうそう、Hiromiさんがご披露してくだすったネタ、
またご自分のところでも使えるかもしれないし!
これぞ究極のエコ活動っ!!!(爆)

>> Hanakoさんのトピの立て方こそが秀逸だと、
> 毎回タイトルを見るたびに感じ入ってます(^^)>>>

多分、何回かは「こんにゃろ、ダマサレタ!」と
歯軋りしている方がいらっしゃったはず・・・・( ̄▽ ̄;)ゝ 汗

2012/06/15(金) 10:49:42 | URL | [ 編集]

Ihatovさん♪:

『Re: No title』

> ありゃりゃ、何だか光栄です。>>>

やはりひとくせもふた癖もあるイギリス経験者(爆)、
Ihatovさんのお話にはいつも興味津々です(^^)b

> > じゃ、もうひとネタ。イギリスにはCambridge大学が主催する英検の様な試験があるのですが、その模擬面接のとある応答の中で、私の知人が「She used to be a cook.(彼女はかつて料理人でした)」と答えたつもりが、「cook」をうっかり日本語発音の「コック」と言ってしまい、図らずも彼女の発言は「She used to be a "cock" .」と試験官にとられてしまったいう事がありました。その試験官だったイギリス人は「Did she? Really!」と目を白黒させていたとか。試験官もその日本人も私の知り合いだったことにより、発覚した出来事でした(笑)。>>>

その「Did she really?!」といったそのイギリス人の
試験管の方に、まじめな顔して「Yeah・・・Really」って棒読みしたいカンジでした(爆)
つづけて
「Can you imagine you hang her face down there・・・・”HeLLO?」
で〆たいですね(笑)

> > ちなみに、以前にも書いたと思いますが、その日本人の彼女は帰国後、イギリス人と連れ立って入った居酒屋にて魚の白子を「fish testicles」とそのイギリス人に説明し、「んなもん、魚にはついていない!」と大笑いされた人です(爆)。>>>

爆! 爆! 爆!
そんな魚がいたら・・・ジャマそうですよね・・・・
やだもう、Ihatovさん、おかしすぎますっ!!

ワタシもたこ焼きを「Octopus Ball」って説明したら
「タコにキ〇玉があるなんて知らなかったわ」とびっくりされたことを思い出しますた(爆)

2012/06/15(金) 10:54:35 | URL | [ 編集]

あんじぇりかさん♪:

『Re: No title』

> あ~、楽しかった&ためになるわ~!
> > これから高校生になった息子が数々の迷言を発してくれるでしょう。楽しみだわ。
> > 日本語も怪しい娘は英語に変換するのに苦労するようで、お願い事で電話をさせるのだけど、
苦労することもあるようです。>>>

あんじぇりかさんとこは将来のおもしろ英語日本語Speakerの卵ちゃんたちが
たくさんいるんですねえ。
そりゃ楽しみだわ♪

> > 一方、スdネイ全てを放棄した母は直接対峙なら度胸で言い負かす?言い切る?
で何とか乗り越えるのだが電話は苦手でセールス電話かけてきたやつに電話を切られている。くやし~!>>>

それは最高!
切られるのは気分悪いけれど、
自分からばちっと切るのも罪悪感があるもの。
それは自然の才能です!


> > 今日から夏学期、午前中だけは一人でPC三昧の楽しい時間だす。
> > しかし、エアーダクトクリーニング、2回もメールしたのに返信がない、なんでだろう?なんでだろう?
> 直接電話するのが嫌な娘の作戦は失敗だったモヨウ。>>>

たぶんメールをまめにチェックしない業者なんだと思いますよ。
特にその類の業者はメールチェックはあまりまめじゃないのかも。
商売ですから電話でも大丈夫ですよ、思い切ってかけてみては?

2012/06/16(土) 01:47:47 | URL | [ 編集]

Maiaさん♪:

『Re: No title』

> これ最高おもしろいですねー。
> そういうえば うちのアメ人が XXさん(日本人駐在員)がいつも
"Indianapolis のXXです。”っていうのが 
> "Indiana POLICE" に聞こえてめちゃおもしろいって言ってました>>>

ぎゃはははははは!!
わかりますわかります!!!
ポリースの部分が強調されてしまう話し方!

。 たしかに インディア ナポリスって”ナ”にアクセントがあるのに 
続けて平坦に行っちゃうので ”インディアナ警察のXXでーす。”って聞こえるって.... >>>

相手によっては大変効果的ですよね!
しかも悪意がないから使い勝手があるし(笑)!!!

>  あと このXXさん、 お会計に ”ビルプリーズ”って言ったら 
”Beer please"と間違えられ、帰ろうと思ったのにまた飲んじゃったよ。って話があります。 
> 英語難しいでーす。(爆)>>>

わはは!
ビールプリーズ、って言ってBill持ってこられたら
ワタシだったら怒ってしまいそうです「まだ飲むぞ!」って(爆)
 

2012/06/16(土) 01:51:12 | URL | [ 編集]

しまさん♪:

『Re: うん、まぁ。無題。』

> おお~。
> 昔母親に聞いたウォッシュイングートンの話、
鮮明に思い出しました。。。。いや、聞いただけなんですケド。>>>

しまさん、こんにちは~!
コメントの返信、遅くなってしまってごめんなさいね!
しまさんはじかに聞けたんですね、そのお話(笑)。
本当にあったお話が一番おもすぃろい(^m^)

> そういえば。
> 昔、家に外国人のお客様が来た友達のHちゃん。
> どう対応していいか分からず、友達のMちゃんに電話で聞いたところ、
> Mちゃんが、『How are you? 』って聞いて、相手がなんか言ったら、
『Me, too.』って答えておけ!!という、当時の小学生の頭を絞った回答(?)を教え、友達Hちゃん、実行。
> 結果として、まず、『How are you?』を『Who are you?』と言いちがえ、
さらに、外国人の奥さんの方に聞いてしまい、ちょっとふざけた奥さんが、
『Who are you?』にダンナの名前を答えてしまったのです。
> それを聞いた友達Hちゃんはすかさず『Me, too!!』
> 。。。ここから先は、ご想像にお任せします。>>>>

爆! 爆! 爆!
すんごーおっかしいっ!!!
もう「Who are you?」で十分爆笑ネタなのに、
その奥さま、めっちゃJorkの才能がおありだったのね、
やっぱり英語をどう話すか自分でシナリオ作成してるってリスク高すぎるわね・・・爆

> > それと、この前『TシャツにJapanese書いてあるから、これを英語に訳して!!』
と言ってきた男の子がいました。
> そのTシャツにはでかでかと『お母様♡』と書いてありました。(何故)>>>

しまさん、そういうときには日本語で
「ボク、マザコンなんですぅ」って書いてあげなきゃ!
次はそんなチャンス、逃さないようにね♪♪♪

2012/06/18(月) 06:37:43 | URL | [ 編集]

よい

『教えて下さい』

恥を忍んでお聞きします。which floor のどこがマズかったのでしょうか?私、何度かエレベーターでこの言葉使ったことがあります・汗。ネットで調べてもスラング的な意味がでてきません。

もうきっとここの記事にコメントした人も、Hanakoさんのコメント返しを読み終わり、この記事には戻って来なくなるだろう今日までじっとウズウズしながら機が熟するのを待っておりました。宜しくお願い申し上げます。

2012/06/18(月) 09:36:29 | URL | [ 編集]

よいさん♪:

『Re: 教えて下さい』

> 恥を忍んでお聞きします。which floor のどこがマズかったのでしょうか?
私、何度かエレベーターでこの言葉使ったことがあります・汗。
ネットで調べてもスラング的な意味がでてきません。>>>

よいさんっ!(爆)
よいさんの英語にはまったく問題はございません。

このWhich Flor?のオチはですね、
同じフロアで働いているオッサンが、「何階ですか?」って
同僚の非日本人女子に聞いてしまったところがオチなんです(^m^;)
「おまいっ、同じフロアで働いてるやろがー!!!」
という、彼女の声にならない叫びが聞こえましたでしょうか・・・・・???

> > もうきっとここの記事にコメントした人も、Hanakoさんのコメント返しを読み終わり、
この記事には戻って来なくなるだろう今日までじっとウズウズしながら機が熟するのを待っておりました。
宜しくお願い申し上げます。>>>

よいさんがすっきりさっぱり、寝覚めのよい朝を迎えられますことを
心からお祈り申し上げております♪♪♪

2012/06/19(火) 11:04:50 | URL | [ 編集]

よい

『ありがとうございましたー!』

そうか、そうだったんですねー!いやー、てっきり「間違った表現シリーズ」だと思ってしまって・・・。すっきりしました。Hanakoさんには、私の頭の固さ(悪さ)のレベルを露呈する形になってしまいましたが・・。ありがとうございました。我が夫が聞いたら、それこそ「This is my stupid wife・・・」ってつぶやかれそうですが。

2012/06/19(火) 12:22:26 | URL | [ 編集]

よいさん♪:

『Re: ありがとうございましたー!』

> そうか、そうだったんですねー!いやー、てっきり「間違った表現シリーズ」だと思ってしまって・・・。すっきりしました。Hanakoさんには、私の頭の固さ(悪さ)のレベルを露呈する形になってしまいましたが・・。>>>

いえいえいえ!!!
ワタシもよくオットに「え?だから?何がオチなの?」ってよく聞いてますものー
英語の間違ったシリーズ、という先入観があったらワタシもきっと同じことやってますわ~(笑)

<<<ありがとうございました。
我が夫が聞いたら、それこそ「This is my stupid wife・・・」ってつぶやかれそうですが。>>>

よいさんっ、爆笑!!!!!!!
もー、すんごい笑っちゃいましたっ!!!
それこそよいさんのセンス抜群です!!!
オットにもよいさんのコメント返しを話したらすんごい受けてましたよー!!!
いやー、面白い話が10倍になって返ってきました、よいさん、最高っす!!!

2012/06/20(水) 10:57:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/621-d66ba344
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。