スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男性の夢の仕事にあらず

今日はマモグラム、
もっとゾクゾクするようなコトバで言うと

乳がん検査

に行って来た。

南部なまり丸出しの
人のよさそうなおばちゃん検査員が

丁寧にワタシの貧乳をぐわっしと掴んで
縦に横にぐいぐいひっぱって
検査台に乗せてくれるたび

うげっ( ̄■ ̄;)

とか

あいっ( ̄* ̄;)

とか唸り声をあげるワタシ・・・

たぶんおばちゃんは、それが
アウチの日本語なんだろうと
納得していたみたいだけれど

やられる当人はさておき
やらせてる方はかなりの重労働である。

撮り直しを4回ほどさせられて
ようやくバスローブを羽織って
ひとごこちついたので

「かなりの重労働だね( ̄∇ ̄*)ゞ」
とおばちゃんにねぎらいのコトバをかける。

「そうねえ」とスクリーンに
カタカタと必要事項を打ち込むおばちゃん。

「でも男性のDream Job(夢の仕事)よね(o ̄∇ ̄)σ」
とジョークをかますと、
おばちゃん、真剣な顔でこう言った。

「No, not all the time・・( ̄◇ ̄;)」
(そーでもないわよ・・・)

・・・(意味を理解するのに)5秒後・・・

ギャハハハ!!!!!ヾ(≧▽≦)ノ゙

ありえないことに、おばちゃんの話だと、
何日もシャワーを浴びてないような方たちもみえるのだそう。

確かにワタシの、
下チチに鉛筆も隠せない

貧乳は貧乳なりに
台に乗せなくてはならない
苦労はあるだろうが

ラップトップどころか
デスクトップコンピューターまで隠せそうな
米国のふくよかなご婦人方の超爆乳を
あの小さな台に収める苦労はいかほどのものか(; ̄〓 ̄;) 

肥満は肥満でも、
触ったら手形がつきそうな

ぶよんぶよんの
超肥満と呼ばれるご婦人方が
大の苦手のオットが検査員だったりしたら

ヤツはきっと小指を立てて検査するんだろうなあ
と、いつものようにくだらないことを妄想したツマだった。
Buchi+025A_convert_20120329051310.jpg

















ソッコーでクビ、に5ドル( ̄◇ ̄)b
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ

↑よろしかったら押してくだされ~。





















関連記事

2012/03/29(木) | 健康 | トラックバック(1) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

Mikko-chan

『No title』

私は前回も書いたけど、乳がダラーっと腹まで
垂れ下がっているので、乳ガン検診では
大きな鏡餅が、スライドの上に乗ってます。

小さい乳の場合、どうやってこれ機械に
はさむんだろう?といつも、思う。(別に爆乳自慢してません)
貧乳の方が、いつもイタイ、と言ってるので
やっぱり、イタイんだろうな・・・。

ご主人は、デブがキライだから、小柄で細いHanakoさんを選んだのですね。
デブが好きな人って、あんまりいないと思うけど、私は
どんなタイプが好きなんだろう?
あんまりこだわりが、ないな。

2012/03/29(木) 15:29:40 | URL | [ 編集]

あんじぇりか

『No title』

渡米前にやってきましたわ。久しぶりのマーモは痛かったですわ。
デブなのに貧乳なので。
今回は縦に挟むタイプでしたのよ。
上下に挟む’よりも痛いです。
年齢だかなんだかで上下なのか縦で立ったまま挟むのか変わると聞きましたわ。
アメリカで受けた時は上下だった。

はじめてマーモを受けたのは、脂肪腫ができたとき。
マーモは撮り直しなかったけど、レントゲンの撮り直しがあった。
腫瘍があるのがわかって撮っているので撮り直しはそりゃもう、。丁寧で、拷問のようでしたわ。

ちなみに、この脂肪腫の切除。実験的切除術とか言われた。日帰りのプチ手術。お道具を自分の腹に載せられて部分麻酔。いっそのことどういう内容か見せてくれよ~と思うくらい、音と痛み?で妄想しましたわ。

女の厄年あたりには私の、まわりには脂肪腫やら水がたまった人やら繊維種やら良性の腫瘍ができたco-workerだらけでした。
該当年齢のみなさま、お気をつけてくださいませね。

>フラックスオイルは有名ですよね。
ワタシが師とあがめる栄養学者、丸元淑生先生の本でもよく紹介されてます。

もちろん丸元教の信者ですわ。ビタミンバイブルで始まり、何冊も文庫本を買って読みましたわ。赴任時代はサプリメントにも狂いましたわ。
そのほかひそかに西式健康法にも興味がありますの。実践はむりですけど。

昨日はなぜか晩御飯がタコスでしたわ。安いスーパーで買ったタコシエルは油がにじみ出て体に悪そうでしたわ。
身体に悪そうなものはうまい!こともある。

さいきん、アレルギーの湿疹が治らず、市販のアレグラも軽いステロイドも効果がイマイチだったのです。久しぶりにhanakoさんのように白くなるまでセタフィルを塗りまくったら、ちょっと、よくなりました。乾燥していたから治りが遅れていた模様。自覚症状がなくても乾燥していることに気づきました。

2012/03/29(木) 22:58:05 | URL | [ 編集]

Hanako

『Mikko-chanさん♪:』

> 私は前回も書いたけど、乳がダラーっと腹まで
> 垂れ下がっているので、乳ガン検診では
> 大きな鏡餅が、スライドの上に乗ってます。>>>>

う・・・うらやますいいい・・・・
鏡もちかあ、いっぺん持ってみたいなあ、自分のにくっついてるやつ・・・

> > 小さい乳の場合、どうやってこれ機械に
> はさむんだろう?といつも、思う。(別に爆乳自慢してません)
> 貧乳の方が、いつもイタイ、と言ってるので
> やっぱり、イタイんだろうな・・・。>>>>

痛いですよお~!!
小さくても横とかななめ、とか上としたから挟むんですものー
鏡もち、つーより、胸の「腫れ」に近い大きさですからねえ、それを
チチ扱いされるんですから、もー (笑)

> > ご主人は、デブがキライだから、小柄で細いHanakoさんを選んだのですね。
> デブが好きな人って、あんまりいないと思うけど、私は
> どんなタイプが好きなんだろう?
> あんまりこだわりが、ないな。>>>

いえ、うちのオットもデブですから・・・
うちのオットがキライなのは
オビースといわれる方々ですのん。

日にコーラ2リットルサイズを4本空け、ファーストフードで
3食をまかない、「Big is beautiful」っていって
お医者さんに「痩せなさい」と言われると「名誉毀損」とか「精神的苦痛を被った」
って言って訴えるようなトン級レベルの方たちのことですの。
Mikko-chanさんなんて鶏がらよ、トリガラ~( ̄▽ ̄*)ヾ

2012/03/30(金) 04:04:20 | URL | [ 編集]

Hanako

『あんじぇりかさん♪:』

> 渡米前にやってきましたわ。久しぶりのマーモは痛かったですわ。
> デブなのに貧乳なので。
> 今回は縦に挟むタイプでしたのよ。
> 上下に挟む’よりも痛いです。
> 年齢だかなんだかで上下なのか縦で立ったまま挟むのか変わると聞きましたわ。
> アメリカで受けた時は上下だった。>>>>

今、自分でマモグラムマシーンやってみたんですが、どっちも痛いですぅ~(笑)

> はじめてマーモを受けたのは、脂肪腫ができたとき。
> マーモは撮り直しなかったけど、レントゲンの撮り直しがあった。
> 腫瘍があるのがわかって撮っているので撮り直しはそりゃもう、。
丁寧で、拷問のようでしたわ。>>>>

切らないでわかるとはいえ、この検査方式、どうにかつぶさないで
撮影できないもんですかねえ(笑)

>> ちなみに、この脂肪腫の切除。実験的切除術とか言われた。
日帰りのプチ手術。お道具を自分の腹に載せられて部分麻酔。
いっそのことどういう内容か見せてくれよ~と思うくらい、音と痛み?で妄想しましたわ。>>>

すごっ!そんな、局部麻酔とかありですか!?
さすがアメリカですねぇ・・・・良くも悪くも・・・(^^;)

>> 女の厄年あたりには私の、まわりには脂肪腫やら水がたまった人やら
繊維種やら良性の腫瘍ができたco-workerだらけでした。
> 該当年齢のみなさま、お気をつけてくださいませね。>>>

やはり〇十歳を過ぎるとポリープだの見つかるほうがフツウ、
っていうカンジなんですよね。自分の体を大切にしはじめるお年頃(^m^;)

> > >フラックスオイルは有名ですよね。
> ワタシが師とあがめる栄養学者、丸元淑生先生の本でもよく紹介されてます。
> > もちろん丸元教の信者ですわ。ビタミンバイブルで始まり、
何冊も文庫本を買って読みましたわ。赴任時代はサプリメントにも狂いましたわ。
> そのほかひそかに西式健康法にも興味がありますの。実践はむりですけど。>>>

まあ~、あんじぇりかさん、丸元先生もご存知で。
じゃあ二人とも同じ本を読んだクチですね(笑)
あまりにはまりすぎるとサプリメント貧乏になってしまうので
見極め方が結構大変ですけど(^^;)

> > 昨日はなぜか晩御飯がタコスでしたわ。
安いスーパーで買ったタコシエルは油がにじみ出て体に悪そうでしたわ。
> 身体に悪そうなものはうまい!こともある。>>>

そう!鶏も豚も脂身最高~!いえーい!!!

> > さいきん、アレルギーの湿疹が治らず、市販のアレグラも
軽いステロイドも効果がイマイチだったのです。
久しぶりにhanakoさんのように白くなるまでセタフィルを塗りまくったら、
ちょっと、よくなりました。乾燥していたから治りが遅れていた模様。
自覚症状がなくても乾燥していることに気づきました。>>>>

よかったですね~!
ワタシも乾燥がいかにお肌の諸悪の根源であるか、というのを今回実感しました。
アレルギー性の湿疹にも「かゆみ」を起こさずに保湿してくれる、というのが
やはりセタフィルのいいとこだ、と思います。
あんじぇりかさん、貴重なマンモの体験談、そしてセタフィルまでもレポートしてくだすって
ありがとうございました、ワタシもとってもためになりました!!

2012/03/30(金) 04:20:49 | URL | [ 編集]

Mikko-chan

『No title』

鶏ガラには、大笑い~
いや~私が鶏ガラ扱いだったら、Hanakoさんは
形がないアメーバですか!?

私 本当にデブなんです!
謙遜しているんじゃなくて、大デブ!
100キロ級のメガトンです。
3サイズが、殆ど同じのドラム缶体型で、
体重も同じくらいじゃないかな?
なんと覚えやすいサイズと体重だ!
っと、今 知った。

マツコDXも3サイズ130センチで体重もそれ位だと
雑誌に書いてあったので、それに近いです。
注:気持ち小さいかな?

2012/03/30(金) 05:19:03 | URL | [ 編集]

Kay

『えっ、そんなに?』

痛いモノなの?わたくし、もうマンモグラフィーにはなれちゃいましたが、痛いと思った事がないのです。毎回6-8枚撮るんですけど。ハナコさん、サヴァンナのradiologist紹介しますけど。
これってやっぱりテクニシャンの腕次第!だと納得したのは、数年前に腫瘍(良性だったけど)切除の手術前に、「マーカーを入れる』ために、マンモグラフィーをしながら、radiologistが処置したんです。島の病院のテクニシャンのは痛かった~!!マーカー入れるのは部分麻酔するから痛くないの。ほんと、本でもあったら「へたくそっ!」と投げつけたかったわ。

ところで少しお休みしていたら、すっごい勢いのアップですね!久しぶりの一気読みしました。
花見には、やっぱりカラオケつき!さっすが。日本ではまだ、「梅」が満開で、桜前線なんて言葉も聞かなかった3月末です。今回、バイオイルを持って行ったので、足の先から頭の先(髪)まで使いましたわよ。それでも、夕方には、「かさかさ」音を立てそうな乾燥ぶり。
島の暖かさと湿度に、感謝!なのです。

2012/03/30(金) 05:38:13 | URL | [ 編集]

あんじぇりか

『No title』

訂正しておきますわん

>すごっ!そんな、局部麻酔とかありですか!?
さすがアメリカですねぇ・・・・良くも悪くも・・・(^^;)

これは日本のお話しです。大阪の成人病センターに上司のコネ?つて?で受診したときのお話です。
かれこれ20年くらい前ですが、マーモ自体はあのころと変わりませんね。
いやあ、ぜひ、立って横から挟まれてつぶされるのをや経験してほしいですわ。痛いのなんのって。

注射といえば、アメリカで妊娠中に血液検査があったのですが、いつもの看護師さんがいつも通りにやったのにまったく血液が上がってこず、看護師もプチパニックに。とっても見やすく血管が浮き出ていたのに。

新生児黄疸で血液検査を初めて腕からされた生後1か月半の息子(それまでは、かかとを切って?採血でした)。その時のベテラン看護師は一発で血管見つけました。泣く暇ない早業でした。

結局、どんな検査も人間の手技で差がでる?

手術もそうですね。
私なんて、背骨を一つはずして、脊髄の神経腫瘍を切除して、その背骨を戻しているのですが、執刀医は大丈夫!とのたまい、主治医はうまくいくかなあ?みたいに言ったのです。結果的にとっても上手に背骨は戻されていますわ。きっと、今ではどれを戻したかもわからないですわよ。
9時間もかかったのに、整形外科の世界では中手術だって。

凡人にはわからない世界です。

今夜は万人に受けるトリのから揚げ。
やっぱ、あぶらはうまい!

2012/03/30(金) 08:43:35 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/03/30(金) 10:49:42 | | [ 編集]

Hanako

『Mikko-chanさん♪:』

> 鶏ガラには、大笑い~
> いや~私が鶏ガラ扱いだったら、Hanakoさんは
> 形がないアメーバですか!?>>>

ども、アメーバ・ハナコです( ̄▽ ̄;)ヾ

> > 私 本当にデブなんです!
> 謙遜しているんじゃなくて、大デブ!
> 100キロ級のメガトンです。
> 3サイズが、殆ど同じのドラム缶体型で、
> 体重も同じくらいじゃないかな?
> なんと覚えやすいサイズと体重だ!
> っと、今 知った。>>>>

ホントですかー????
文を拝読しているとぜんぜんイメージがあわないんですけど(^^;)

でもそんなに熱く語っていただくと、
やたらめったらMikko-chanさんに親近感がわきますねー。

>> マツコDXも3サイズ130センチで体重もそれ位だと
> 雑誌に書いてあったので、それに近いです。
> 注:気持ち小さいかな?>>>>

最後の控えめなコメントに、大変受けてしまいました!!!
でもマツコさんも大人気ですからね!
Mikko-chanさんも同じような太っ腹な性格の持ち主で
皆さんに愛されていらっしゃるのだと思います(^^)/

2012/03/30(金) 22:30:30 | URL | [ 編集]

Hanako

『Kayさーん(^^)/~:』

Kayさん、こんにちは~!
日本の寒さはだいじょうぶですか~???

> 痛いモノなの?わたくし、もうマンモグラフィーにはなれちゃいましたが、
痛いと思った事がないのです。毎回6-8枚撮るんですけど。
ハナコさん、サヴァンナのradiologist紹介しますけど。>>>>

Kayさん痛くなかったんですねー。
これはKayさんのサイズとやはり検査員の技術の差なんでしょうね(笑)
サヴァンナ・・・往復4時間かけて優しい検査員 VS 往復30分乱暴な検査員 
う・・・判断に迷う所です(^^;)

> これってやっぱりテクニシャンの腕次第!だと納得したのは、
数年前に腫瘍(良性だったけど)切除の手術前に、「マーカーを入れる』ために、
マンモグラフィーをしながら、radiologistが処置したんです。
島の病院のテクニシャンのは痛かった~!!
マーカー入れるのは部分麻酔するから痛くないの。
ほんと、本でもあったら「へたくそっ!」と投げつけたかったわ。>>>>>

ぶっ!!!!( ̄m ̄)
優しいKayさんが本を投げつけるところを想像して一人ウケしてしまいましたわっ!!(爆)
それにしても「痛いんですか」と「本投げつけ」くらい技術の差があるんだとすると
ヘタな人に当たった方は不運ですよねええ・・・・ツクヅク・・・

> > ところで少しお休みしていたら、すっごい勢いのアップですね!
久しぶりの一気読みしました。
> 花見には、やっぱりカラオケつき!さっすが。日本ではまだ、「梅」が満開で、
桜前線なんて言葉も聞かなかった3月末です。今回、バイオイルを持って行ったので、
足の先から頭の先(髪)まで使いましたわよ。
それでも、夕方には、「かさかさ」音を立てそうな乾燥ぶり。
> 島の暖かさと湿度に、感謝!なのです。>>>>

ワタシも串揚げの記事のあと、Kayさんとこに寄っては
頭をうなだれて帰ってきてました・・・ってウソですよっウソっ!!ヾ(>▽<)
日本にいるときにブログ更新するのってやっぱりもう時間がないですもんね~!
でも日本はまだ梅の時期ですか、懐かしいなあ。
春はやっぱりいきなり、じゃなくてゆっくりゆっくり来て欲しいカンジがします。
HHIと日本の春では確かにBio-Oilでしっかり油補給しないとあちこちわれまくりですよね。
Kayさん、風邪引かずに帰ってきてくださいね~!!
そうそう、風邪といえば、帰りの飛行機が油断すると一番危ないかもですよ~<( ̄∇ ̄;)ゞ

2012/03/30(金) 22:40:37 | URL | [ 編集]

Hanako

『あんじぇりかさん♪:』


> > これは日本のお話しです。大阪の成人病センターに上司のコネ?つて?で受診したときのお話です。
> かれこれ20年くらい前ですが、マーモ自体はあのころと変わりませんね。
> いやあ、ぜひ、立って横から挟まれてつぶされるのをや経験してほしいですわ。痛いのなんのって。>>>

いやー、想像しただけで痛さを感じました。
自分で自分マンモするのも気が引けたほどです・・・(^^;)ヾ

> > 注射といえば、アメリカで妊娠中に血液検査があったのですが、
いつもの看護師さんがいつも通りにやったのにまったく血液が上がってこず、
看護師もプチパニックに。とっても見やすく血管が浮き出ていたのに。
> > 新生児黄疸で血液検査を初めて腕からされた生後1か月半の息子
(それまでは、かかとを切って?採血でした)。
その時のベテラン看護師は一発で血管見つけました。泣く暇ない早業でした。>>>

かかとを切って採血!?んまあこわー!
でもその、泣く暇ない早業という偉業と成し遂げた看護師さん、すごいですねー!!
やっぱり上手な方の技術というのは天と地ほどちがうものなんですね、感動です!

> > 結局、どんな検査も人間の手技で差がでる?
> > 手術もそうですね。
> 私なんて、背骨を一つはずして、脊髄の神経腫瘍を切除して、
その背骨を戻しているのですが、執刀医は大丈夫!とのたまい、
主治医はうまくいくかなあ?みたいに言ったのです。
結果的にとっても上手に背骨は戻されていますわ。
きっと、今ではどれを戻したかもわからないですわよ。
> 9時間もかかったのに、整形外科の世界では中手術だって。>>>>

患者の目の前で「うまく行くかなあ」とほざいた医者が自分の主治医だったら
ワタシだったら胸倉掴んでますねえ(爆)
それにしても執刀医の方、まさに名医、でもそれで中手術、ってどっからどこが中で高なの!?
って思いますねー。すごいわー

> > 凡人にはわからない世界です。
> > 今夜は万人に受けるトリのから揚げ。
> やっぱ、あぶらはうまい!>>>>

すんごいわー、足の親指がすべて起立しそうな手術の話しをしたあとに
唐揚げのハナシ・・・・ あんじぇりかさんの粋なお人柄が垣間見えた瞬間でした(笑)

2012/03/30(金) 22:48:23 | URL | [ 編集]

Hanako

『カギコメさん♪:』

カギコメさん、カギコメさんのコメントを読んで板コンニャクのように
打ち震えて喜んでいるワタシをどうかお許しください、人に見られたくない喜び方してます( ̄▽ ̄;)ヾ

うれしいな♪あうれしなあ♪ o(^∇^o)(o^∇^)o←今のワタシはこんなカンジ・・・笑

笑っていただけるだけでうれしいのに、そんなにいろいろと
〇〇してくださったり、〇〇〇してくださったり、うれしすぎてカギコメさんに
Hug&お礼をしたいほどですっ!!!!

カギコメさんの将来の夢もステキですね~!!
ワタシで提供できるような情報がありましたら是非聞いてくださいね!!!
カギコメさんの夢がかないますよう、グリーンビルの空から応援させていただきますっ!!!

ホントにホントにステキなコメント、ありがとうございました!!!

ハナコ

2012/03/30(金) 22:58:40 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/567-1b71c690

-

管理人の承認後に表示されます

2012/03/29(木) 07:05:17 |

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。