スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

男のアドバイス

アメリカ人はしゃべる。
とにかくしゃべる。

そのくせ、朝「How are you doing?」と聞いたくせに
まともに回答されるのを嫌がる人種でもある( ̄  ̄〆)。

が、中にはそこまでしゃべるか!?
というような突っ込んだ家庭事情を
しゃべり続けるツワモノもいて、こないだなど
駐車場からオフィスまでの5分間で

自分の息子が悪い仲間と付き合うようになって
こないだ自動販売機を壊して警察につかまり、
深夜2時に息子を引き取りに刑務所まで行ってきた
というような話を朝の8時前から聞かされて
どよーんとなってしまった。

まあ15分後には私も忘れているし、
オフィスのアメリカ人は十中八九、
自分のキライなヤツの話でない限り
こんなゴシップを広めるような物好きはいない。

が、こないだは久々にどでかい話を聞いた。

キッチンでドボドボとコーヒーを注いでいた私に

「How are you doing?(元気?)」と聞いてきたタミー。
「I am good. How are you doing?(元気よ、あんたは?)」と返した私に、タミーは再び
「I am good. How are you doing?(元気よ、あんたは?)」
今度は私も
「I am good. What is wrong with you?!(元気よ、なんだってんだよ?)」
とイラっとして答えると、
堰を切ったようにしゃべり続けるタミー。

タミーは結婚して7年になる、2度目の再婚相手を6週間前に
一度家から追い出して仲直りしたばかりである。

タミーの夫という人は、自分のことしか考えない男らしく
休日には子供の相手もせずに、自分の趣味に時間を費やすタイプ。

時間だけならまだしも
高額なバイクや車を購入しようとするたび彼女と
大げんかをしている。

「I got my own problem, you know!(ヤツとの問題だけじゃないんだから!)」

ケンカするたび私のデスクで延々と愚痴を言い、
涙ぐんでた彼女だったが、最近はストレスがたまり、
子供達に手を上げたくなる瞬間があって
恐ろしくて医者で抗ストレス剤を処方してもらったのだという。

タミーの父親は、お酒を飲むと幼い彼女を探し出し、
顔が腫れるほどぶん殴るアル中だった。

だから自分がその父親と同じことを
自分の子供にしてしまうのを何より恐れている彼女。

昨夜再び追い出したはいいが、
いったいどうしたものか途方にくれている・・・・

・・・・という話を15分で聞かされた私


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・( ̄◇ ̄;)・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・という話をツマから2時間聞かされた夫がポツリと一言

Woman cannot change a man who does not want to change

(変わりたくない男を女が変えることはできないんだよ)

初めて聞いたオットの哲学・・・つか、いいのかよ?手の内さらして

これを若いころ知っていりゃあ、
あんな痛い目には遭わなかったのに、と
遠くを見る目のツマだったが、我に返るとこう訊ねた。

So, what are you? (じゃ、アナタってナニ?) 




好きな人を変えようとしたアナタも、しなかったアナタも、
面倒くさかったアナタも、クリックしておくんなまし~
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ





関連記事

2011/06/09(木) | 国際結婚 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

Ace

『No title』

アメリカ人って確かに良くしゃべる!と言う印象があります。カナダ人は意外とこれが控えめですね。会合とかで『何か質問ありますか?』って聞かれても、全員シーンとしてることもあるし、こういう点はちょっと日本人系かもしれません。

まー、話題に困らないということで、私はおしゃべりな人って好きですよ。(^^)

しかし、旦那さんがHanakoさんの話を1時間もしっかり聞いてるという事の方がすばらしい!家の夫の場合、自分だけしゃべって人の話しは聞かないわがまま男なので、、4,5回は同じことを話してます。。。

2011/06/09(木) 10:38:30 | URL | [ 編集]

KEIKO

『No title』

私もHanakoさんの旦那さんに感動しました。 優しい旦那さんでよかったねー。
うちも 「えぇっ?それからどうしたの?」 としっかり聞いてくれますが、覚えてないのでまた翌日同じ話しをしなければならず、「えぇっ?それからどうしたの?」 と初めて聞いた様に驚くのでこっちの方が参ります。

私の友達は スポきちの夫に家族放ったらかしにされては泣き、またある人は車にお金をつぎ込む夫に泣き、そして重病で寝込んでいるのに 「夕飯まだ?」と待っている夫に泣かされる、という人ばかりだったので わがままで面倒臭がりな私は長年に渡り独身でした。
でも趣味無しで安上がり オマケに料理好きなやつを発見できたのでラッキーでした。いつまでも変わらずにいて欲しいです。


そうそう、カード会社の保険の件で過去ログに追記でコメント残してみたので時間のある時にでもチェックしてみてください。

2011/06/09(木) 13:38:06 | URL | [ 編集]

うしや

『No title』

すみません。
だんなさんと同意見です。
男ってこんな生き物なんです。

2011/06/09(木) 22:32:31 | URL | [ 編集]

豆子

『オフィスのセラピスト?』

ダンナサマ、禅の境地?いやはや、そのとおり。

ただね、その変わりたくない男ってのは、何度伴侶を取り替えても、首の挿げ替えになってるってことも多々あるのよ~~。

しかも、挿げ替えられた首の新しい妻を見るとちょっとだけRevision Upという感じで、縦横(背と体重)に少し変わるくらいだったり。

挿げ替えられた首の方も前Revisionは、ハイドロフィリック(水がどんどん染み込む親水性)だった肌だったケド今度のはハイドロフォビックな肌になってたり(水をはじくっていうの?)。←ちょっと若くなっただけ。

学習能力とは何ぞや?ですなあ。

そうそう、アメリカ人、よくしゃべりますよねー。わかるわかる。
きっとHanakoさんは四方山話もしやすいのでしょうね。だからなんだってのよ、ってすぐに反応が早くて突っ込んでくれるから。 
それで、皆さん、しゃべりがいもあるし、毒も吐けてスッキリするんですよ、きっと。

オフィスの毒舌セラピー???




2011/06/09(木) 23:14:48 | URL | [ 編集]

Hanako

『Aceさん:』

へええええーカナダ人の方って控え目なんですかあ?
外人ってみんなOutspokenって感じがしてました。
あ、そういう意味でいけば我々のほうこそここでは外人なんですけどね、あはは~

Aceさん、1時間じゃありません、2時間です(笑)
うちもKEIKOねーさんとこと同じ様に聞き上手ですね。
SHIHOちゃんもいってたけど、ダンナが奥さんの話をきちんと聞いてくれるってのは
夫婦円満の秘訣かもしれません、たとえそれがツマだけをハッピーにしてくれるとしても(笑)

きっとAceさんとこはAceさんが聞き上手なんですね。
聞き上手な方の前では人は自分だけ話したがっちゃうもんです。
でもAceさんも聞いてあげられるってことは旦那さまもお話の上手な方とお見受けしました~

2011/06/10(金) 02:29:50 | URL | [ 編集]

Hanako

『KEIKO姐さん:』

うちのオットの話をすると、聞いた人全員が
オットを褒めるのがいつも気に入らないツマですが、
お褒めいただきありがとうございますm(_ _;)m

知っていたけどKEIKOねーの旦那さまもお優しいですよねー
お料理の腕前もぴか一だし、話を聞いてくれても
ここで大きくリード取られてますね、うちのオット(笑)

でも、「ええっ?それからどうしたの?!」を何回もされると
テレビの再生コマ送りみたいでなんかほのぼのとしますね。
ビデオにとってご夫婦で楽しめるかも(笑)
うちでは「こないだ言ったのに、聞いてないんかっ オイっ!」
って言われるので、聞いたフリするの上手ですよ。

KEIKOねーの話聞くと、結婚って婚期だからとあせらずに
相手が現れる、そのタイミングが来るまでのほほーんとしてるか、
一生独身のほうが幸せに暮らしていけるような気がします。
あるいはアメリカに来ちゃうとか!?ぎゃはははは!

<<<そうそう、カード会社の保険の件で過去ログに
追記でコメント残してみたので時間の
ある時にでもチェックしてみてください。>>>

そうそう、ご丁寧にありがとうございました!
コメントの入り方がここんとこ、受信ボックスに
きちんと入らなくて、返信コメが遅れてしまいました、
すみません!今日、お返事書かせていただきました。
本当にありがとうございました!

2011/06/10(金) 02:31:50 | URL | [ 編集]

Hanako

『うしやさん♪』

> すみません。
> だんなさんと同意見です。
> 男ってこんな生き物なんです。>>>

ぎゃはは!
うしやさんに言われるとなんだかすっごく重みのある
真実に聞こえます!
含蓄のあるコメント、ありがとうございます!!!

2011/06/10(金) 08:48:35 | URL | [ 編集]

Hanako

『豆子さん♪』

> ダンナサマ、禅の境地?いやはや、そのとおり。>>>

その他イロイロ言ってたんですけど
結局単純かつ、わがままで女語のわからない人種のようです(笑)

>> ただね、その変わりたくない男ってのは、何度伴侶を取り替えても、
首の挿げ替えになってるってことも多々あるのよ~~。>>>

そんな男が何度も伴侶取り替えられるってのは奇跡じゃ(汗)・・・????

> > しかも、挿げ替えられた首の新しい妻を見ると
ちょっとだけRevision Upという感じで、縦横(背と体重)に少し変わるくらいだったり。
>> 挿げ替えられた首の方も前Revisionは、ハイドロフィリック
(水がどんどん染み込む親水性)だった肌だったケド今度のはハイドロフォビックな肌
になってたり(水をはじくっていうの?)。←ちょっと若くなっただけ。
> > 学習能力とは何ぞや?ですなあ。>>>

いやあ、豆子さん、専門用語の嵐じゃないですか!?(汗)
基本的に変わらない男を変えようとしたがる女性ってどこにでもいるようですね。
いわゆる自信がなくて、自己受容が低い・・・・
そういう男女が凸凹で引き合っちゃうんですねえ、つまり自然淘汰(笑)

> > そうそう、アメリカ人、よくしゃべりますよねー。わかるわかる。
> きっとHanakoさんは四方山話もしやすいのでしょうね。だからなんだってのよ、
ってすぐに反応が早くて突っ込んでくれるから。 
> それで、皆さん、しゃべりがいもあるし、毒も吐けてスッキリするんですよ、きっと。
>
> オフィスの毒舌セラピー???>>>

毒舌セラピー!キャハハ! ないない~♪
確かにウソをつかなくて裏表がないというイミでは皆から信頼があるかもしれません・・・
でも彼女、本当にいいお母さんなんですよ、だからいつも褒めてはいるんですけど
夫婦のことはわかりませんねぇぇぇ。

アメリカ女性のいいところと悪い所は
人のアドバイスは求めない、求める振りして本当は何をしようか
すでに決めているってとこですかね。

でも豆子さんのするどい指摘にはワタシもたくさんうなずかせていただきました!
これからも鋭い読みコメント、よろしくお願いします♪

2011/06/10(金) 08:57:43 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/379-48ff02d6
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。