スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本人の証拠

その昔、スパイの口を割るためには
油断している瞬間を狙って
鋭い痛みを与えると、
出身国の言葉が口をでるという話を
聞いたことがある。

普段、「アウチ!」と言っている私も
キッチンで戸棚に頭をぶつけた際などは
「いっ!」と叫んでいるので、私はスパイになれない。
言うだけタダですから・・・

「アウチ!」は英語で出ても、
いまだにこれだけは
日本語でしか出てこない唯一の言葉が

「びっくりした!」である。

大抵の場合、PCの前にいきなり目の前に出現するウエインとか
コーヒーを入れている後ろからいきなり登場するジョージとかが
振り向かれた私に

「うおーっびっくりしたっ!」と叫ばれて

自分のオフィスに帰ると
「ハナコに日本語で罵倒された
と吹聴しまくるので
私の周りには、金曜の午後とか、ホリデー前になると、
仕事がヒマになった米人がやたら遊びに来る。

何回も「どういう意味?」と聞かれるので
単に意味を教えてしまうのもつまらないな、と思い、
追突された人たちは必ず驚くことから生まれた、

「オカマ掘った!?って意味だよ」

と教えてあげると、
今度は米人同志で「ビックシタア~」ごっこが始まった Orz.....


アメリカ南部を走行中、
ぶつかってきたくせに
「ビックシター」と出てくる米人がいたら
うちの社員ですので、


すみやかに警察に連絡してください


関連記事

2011/03/03(木) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/308-b24079ce
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。