スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雪の会津若松

もう春も近いから、雪の写真なんて・・・
と躊躇した私をあざ笑うような
「降雪注意報」発令中のここ、南部、サウスカロライナ・・・

いったい「地球温暖化」はどこへ行ってしまったの!?ゴアどん。

そんなわけで第三弾、雪の会津若松物語の幕開けでございます。
Trip+to+Japan+2010-2011+072_convert_20110209110017.jpg

東北旅行っていえば・・・・

駅弁!


以前帰国した時に、日本のカツサンドに感動したオットは
両親に連れられて、東京駅地下2Fの、やたらめったらお洒落な
ランチ売り場で、これでもか、と華やかさを競うお洒落弁を前に
途方にくれていた。

私とオットは、牛乳とか卵サンドとかが売ってる
フツーのランチ売り場があったはずだと
両親に訴えたのだが、父も母もアメリカから来た客に
ちんけなサンドイッチは食べて欲しくなかったらしく、
そのちんけなスタンドが地下1Fにあることを、
最後の最後まで黙っていたのだった。

そんな我々のバラエティ豊かな弁当の数々

父の柔らか牛すじ煮込み重
Trip+to+Japan+2010-2011+167_convert_20110209110702.jpg

中身はけっこう普通
Trip+to+Japan+2010-2011+178_convert_20110209110826.jpg

母の中華弁当
Trip+to+Japan+2010-2011+180_convert_20110209111325.jpg

オットのカツ&卵サンド
Trip+to+Japan+2010-2011+181_convert_20110209111503.jpg

さらに海鮮焼そば(だからブタになるのよ・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+182_convert_20110209111541.jpg

私のカツのまがいものサンド
Trip+to+Japan+2010-2011+183_convert_20110209111557.jpg

オットのカツサンドにそそられて買った
結構高いカツサンドだったのに、
カツだと思ったヒレ肉は合成肉だった・・・・
もちろん、味も散々だった。

買った場所とメーカー名を忘れてしまったが
今度日本に帰ったら・・・

覚えてろよ!

さて、気を取り直して東京から数時間。

東京を抜けたらそこは・・・・

雪国だった
Trip+to+Japan+2010-2011+179_convert_20110209110939.jpg

父は昨年、母の故郷である喜多方に
セカンドハウスを購入した。

というと聞こえはいいが、自分にもしものことがあったときのために
母の親兄弟の住む場所に、母を住まわせたかったのだと思う。
Trip+to+Japan+2010-2011+245_convert_20110209112030.jpg

それにしても、この家がデカイ!
Trip+to+Japan+2010-2011+196_convert_20110209112058.jpg

1階には縁側、2階には渡り廊下
トイレは男女二人分ある上
1階にキッチン、居間、客間、床の間座敷が2部屋続きであり、
2階には使っていない部屋が3部屋もある。

だれがそーじすんだよ

と声に出して言ったら、父に即座に
「2階はだれも使わんからかまわん」
と一喝された。

翌日は100歳を迎えた祖父と、数年前脳梗塞を起こして
半身が不自由になった叔父を訪問。

私は今まで、介護の必要のある人を実際に知らなかったのだが
従姉妹と一緒に叔父の歩行介助のため、彼の脇を持ち上げた際、
自分を支えられない人間の重みに自分も一緒に倒れそうになって
初めて「介護」という言葉の意味を知らなかった自分を悟った。

我々は祖父、叔父夫婦、従姉妹とその息子、叔父夫婦の嫁と
総勢10名でお茶をすすり、沢庵をかじって世間話をしていたのだが
そんな中でもオットと甥っ子の交わす片言の会話に笑いは絶えず、
「笑い」を供給できることがどんなに救いになるかを考えたのだった。

わたし、がんばります


祖父の家を後にした我々が向かったのは

雪の鶴ヶ城
Trip+to+Japan+2010-2011+272_convert_20110209112312.jpg
                    ↑
         しかもブルーシート付き



次行くぞ、つぎっ!と、とっとと向かった先は
やっぱり雪の御薬園(会津松平氏庭園)
Trip+to+Japan+2010-2011+286_convert_20110209112436.jpg

ところで冬の会津は寒いって言いましたっけ?
Trip+to+Japan+2010-2011+290_convert_20110209112519.jpg

寒いって・・・・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+302_convert_20110209112706.jpg

いいましたっけーっえええっ!?

このクソ寒い雪の中、雪以外は何もない御薬園に
我々以外は1組のカップルしかいなかったのに
けなげにソバ茶を出してくれた御薬園のスタッフの方が暖かかったです。

そしてこの晩のお宿は
御宿東凰
本当は「向滝」に泊まりたかったのだが
満員だったため、ココになった。

が、部屋からの景色も素晴らしく
食事も温泉もサービスもグーだったので
シーズンを外してリーズナブルに会津を
楽しみたい方にはピッタリです。

リクエストしたわけではなかったのだが
我々の部屋は17階の最上階
Trip+to+Japan+2010-2011+333_convert_20110209112904.jpg

この写真では景色の素晴らしさをお伝えできないのが残念!

これが日が暮れだすと・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+344_convert_20110209113205.jpg

家々に明かりが付きだし、それはそれはロマンチック
Trip+to+Japan+2010-2011+348_convert_20110209113316.jpg

相手がオットじゃなかったら
「アタシ、今晩は帰らない・・・」
とつぶやけるシーン
Trip+to+Japan+2010-2011+350_convert_20110209113429.jpg

いや、たとえ相手がオットでも、
泊まるとこないのでココに泊まりますが・・・

こうして、どこまでいっても色気のナイ私達に残されたのは

食い気

なんせこのホテル、
「馬のように食べさせてくれるホテル」
としても有名らしい。
Trip+to+Japan+2010-2011+354_convert_20110209114219.jpg

全部映りきらない量・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+367_convert_20110210111817.jpg


アメリカの肉、ドーン
芋、ドーン
を見慣れた目に、なんと可憐に映る日本料理よ・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+355_convert_20110209113833.jpg

里芋まんじゅう
Trip+to+Japan+2010-2011+374_convert_20110209114338.jpg

オット感涙のステーキ
Trip+to+Japan+2010-2011+373_convert_20110209114321.jpg

馬刺し
Trip+to+Japan+2010-2011+375_convert_20110209114404.jpg
照明が暗いから色が悪いけど、大変美味どした。

そしてオットが「これだけは勘弁してくれ」と言ったのが

 コレ
↓↓↓↓
Trip+to+Japan+2010-2011+358_convert_20110209114217.jpg

多分、日本人にとって、
ハイビスカスを乗せたカブトムシみたいなヤツが
食べ物の上に乗っかってる的一品

この晩、オットは生まれて初めての

浴衣体験

Trip+to+Japan+2010-2011+352_convert_20110209113555.jpg

・・・をしたというのに、
公共浴場がイヤだといって、展望大露天風呂をギブアップし、
部屋のユニットバスでシャワーを浴びたという

罰当り者

オットのギブアップした
「宙の湯」
Sora no yu
東凰のHPより拝借

大雪のため、この晩の露天風呂は貸切状態。

私はこの円形の湯船に一人浸かって
月明かりに浮かぶ雪景色の会津若松市の街を
たっぷり満喫した。

美味しい地酒をたんまり呑み
旅の疲れを癒してパッチリと
目が覚めた翌朝、部屋のカーテンを開けたら









吹雪だった・・・・Orz.......

Trip+to+Japan+2010-2011+390_convert_20110209114610.jpg

もー、まんが日本昔ばなしの世界・・・ ぼおやあ~
Trip+to+Japan+2010-2011+395_convert_20110209114825.jpg



前にも言ったが、私は福島と秋田のハーフである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
つまり、私の製造元は雪にはやたらめったら強い

で、会津武家屋敷観光強行!
Trip+to+Japan+2010-2011+415_convert_20110209114958.jpg

オットの唯一のとりえは皮下脂肪の厚いこと。
Trip+to+Japan+2010-2011+418_convert_20110209115119.jpg

寒さにも結構耐えてくれた。
Trip+to+Japan+2010-2011+423_convert_20110209115306.jpg

一方私といえば、吹き付ける雪で顔はゆがむは
機嫌は悪くなるわ、完全にぶーたれてるの図

Trip+to+Japan+2010-2011+419_convert_20110210114634_convert_20110210120222.jpg

それでも、雪の会津武家屋敷は本当にキレイで
昔の人々が、現代のような防寒着も、暖房機器も
なかった時代、どうやって冬をすごしていたのかを
一万分の0.5くらい体験することができた。

会津の余韻に浸った我々は、暖かい関東めざし
その日の午後の汽車で会津を去った・・・・

コレらとともに・・・・
Trip+to+Japan+2010-2011+675_convert_20110210121105.jpg


実は、気になるお味のほうは、
土産に渡した友人待ちである( ̄▽ ̄)\

次は最終回、保護者と行くドラッグクイーンショーです

関連記事

2011/02/10(木) | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

ぺあとら

『』

こんにちは!
日本満喫しましたねー。
旦那様の浴衣姿なかなか良いではないですかっ!

Hanakoさんのカツサンドは『まい泉』のですよねー。
私、好きなんだけどあれって合成肉だったのー??ショック。

2011/02/11(金) 07:33:43 | URL | [ 編集]

グラナーダ

『』

寒空の中の温泉、最高じゃないですか~~~っ!!
だけどやっぱり、旦那さん、温泉は苦手ですか。・・あ、わたしも苦手でした。。(^^;)
でも、魚にお花人参、ダメなのね?不思議だわ。。

え?!
ラーメンじゃないの????ドロップ?!
美味しいんだろうなぁ、カツ丼ドロップ・・・。

2011/02/11(金) 13:56:08 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/02/11(金) 16:45:19 | | [ 編集]

Kay Buckley

『雪の会津若松って』

ロマンチックだわ~!

こんな雪景色を、一人で熱燗片手(じゃなかったの?)に露天風呂なんて。。。ダンナさん、一緒にいけば良かったのにねー。貸し切り浴場じゃないですか。

こんな寒い国から生まれたHanakoさんは、そりゃ雪の肌ですよね。マフラーと顔の区別がつかないじゃないですか。寒い土地は寒い土地に行くのが一番というのも本当だとは思うけど、この吹雪をみると、ひるみますね。

ところでラーメンドロップスって。。。想像できません。ぜひ、レポートをアップして下さいまし。サッポロラーメンとか、味噌煮込みうどんドロップもあるんだろうか。。。??


2011/02/13(日) 12:13:57 | URL | [ 編集]

Hanako

『ぺあとらさん♪』


> 日本満喫しましたねー。
しましたしました!正しい日本の過ごし方っ(笑)
> 旦那様の浴衣姿なかなか良いではないですかっ!
ウエストが太くないとかっこ悪い、という日本の着物、という
素晴らしい文化遺跡(?)に改めて感動しました(←素直じゃない女。。。。^^;)

> > Hanakoさんのカツサンドは『まい泉』のですよねー。
> 私、好きなんだけどあれって合成肉だったのー??ショック。
まい泉というんですか?さすが、ぺあとらさん、よくご存知で。
東京駅の弁当売り場のまい泉だけがそうなのか、
全てがそうなのかはわからないんですけど、噛んだ瞬間の
あの絶望感はいまだに忘れられません。
だから食べ物の恨みは恐ろしいっていうんだなあ、と(笑)

2011/02/14(月) 04:21:35 | URL | [ 編集]

Hanako

『グラナーダさんっ♪』

> 寒空の中の温泉、最高じゃないですか~~~っ!!
良かったですぅ~!!!
> だけどやっぱり、旦那さん、温泉は苦手ですか。・・あ、わたしも苦手でした。。(^^;)
米人ということでじろじろ見られるってのがダメのようです。
はっきり言ってませんでしたけど(^^;)
前、隠して入ってもいいんだよ、って説得したんですが、ダメでした・・・苦笑
温泉だけで半分くらい値段とられてるようなもんなのに、コストパフォーマンスを
考えてがっかりした妻でした。

> でも、魚にお花人参、ダメなのね?不思議だわ。。
魚が頭付きで出されてるっていうのが信じられないようです。
だからカブトムシがでてくるのと同じかなあ、と。

> え?!
> ラーメンじゃないの????ドロップ?!
> 美味しいんだろうなぁ、カツ丼ドロップ・・・。
そーなんです!自分で食べようかどうか迷ったんですけど
オットと二人で食べてもなんか今ひとつインパクトに欠けるなあ、と
こういう変わったもん好きの友人に食べてもらって大騒ぎしてもらおうと
考えた末に贈呈したんですが、いまだに報告書が提出されてきません・・・

乞うご期待を!

2011/02/14(月) 04:26:03 | URL | [ 編集]

Hanako

『鍵コメさん♪』

いやーん、鍵コメさんっ

もーコメント読みながら顔が緩みっぱなしで
元に戻らなーい!!

わたし、これからイヤなことがあったら
鍵コメさんのコメント読んで癒されますe-266
(2011年はこれで乗り切れるような気がする・・・笑)

でもなんで〇〇駅????(笑)
いずれにせよ食い気満載のワタシにぴったりの
コメに萌えまくりましたe-449!!!

2011/02/14(月) 04:31:28 | URL | [ 編集]

Hanako

『Kayさーん(^^)/~』

> ロマンチックだわ~!
そう、オット以外の男と行けばロマンチックよお~(笑)!!

> こんな雪景色を、一人で熱燗片手(じゃなかったの?)に露天風呂なんて。。。
ダンナさん、一緒にいけば良かったのにねー。貸し切り浴場じゃないですか。
いや、思ったんですけどね、禁止されてました(笑)

> > こんな寒い国から生まれたHanakoさんは、そりゃ雪の肌ですよね。
マフラーと顔の区別がつかないじゃないですか。
だはは!爆笑~!!
でも本当に寒かったんですよ!
何十年も、何百年も昔の人たちはダウンジャケットも
うるおい美容液もないところで生活してたんですものねええ。
慣れってすごい能力だと思いました。

> ところでラーメンドロップスって。。。想像できません。
ぜひ、レポートをアップして下さいまし。サッポロラーメンとか、
味噌煮込みうどんドロップもあるんだろうか。。。??
↑↑↑
日本のすることですから、絶対あるはずですよ。
確か青森県にしじみソフト、なまこアイス、ホタテソフト、
てのがあったはずです。
アイスクリームを冒涜しているとしか思えませんが・・・・(^^;)

もし友人がもういらない、って言ったら今度ヒルトンヘッドへ行った時
持っていきますね~!!

2011/02/14(月) 04:38:25 | URL | [ 編集]

りり

『No title』

はじめてのコメントです。
まい泉のカツは繊維をこれでもかっ!って叩き潰すみたいです。
なので合成肉に感じちゃったのかもです。
http://mai-sen.com/special/sandwich.html
せっかくの思い出を絶望で終わらせないようにお知らせしました!

これからもブログ、楽しみにしてます~☆

2011/10/06(木) 17:31:19 | URL | [ 編集]

Hanako

『りりさん♪』

> はじめてのコメントです。>>>
リリさん、初めまして~!!!
コメント、ありがとうございますっ!キチョーな情報、ありがとうございました!

> まい泉のカツは繊維をこれでもかっ!って叩き潰すみたいです。
> なので合成肉に感じちゃったのかもです。
> http://mai-sen.com/special/sandwich.html
> せっかくの思い出を絶望で終わらせないようにお知らせしました!>>>
リリさんがワタシのために添付してくだすったリンク、拝読させていただきましたよお~!!!
そうだったんですねー!!!!
まい泉さんって以前は手作業だったんですね。
やはり機械と手作業の差って人間はすぐわかっちゃうんだなあ、と思いつつ、
そんな特別な工程を経て作っているんだということがわかったのはリリさんの
コメントがなければわからなかったので、大感謝です!!
リリさんってお優しい方なんですね!!!
企業の真摯な姿勢がわかってよかったです!!!!

> > これからもブログ、楽しみにしてます~☆
ありがとうございまーす!!!
リリさんのような方の貴重な情報、これからもお願いしますっ!!!

2011/10/07(金) 11:19:26 | URL | [ 編集]

りり

『いえいえ』

>リリさんってお優しい方なんですね!!!
とんでもないです!
幼いころの記憶は、すべて食べ物繋がりで覚えているという
食い意地張りまくりのツワモノなので、そういう時のショックは
測り知れないの、知っているんです 笑

2011/10/07(金) 16:24:29 | URL | [ 編集]

Hanako

『りりさん♪』

> >リリさんってお優しい方なんですね!!!
> とんでもないです!
> 幼いころの記憶は、すべて食べ物繋がりで覚えているという
> 食い意地張りまくりのツワモノなので、そういう時のショックは
> 測り知れないの、知っているんです 笑>>>

<<<とんでもないです!>>>に笑ってしまいました~!
でもワタシもりりさんと同じですよー
カツサンドって、アメリカにいる私が夢にまでみた
日本のサンドイッチだったので、あの前歯が肉に食い込んだときの
「アリ?!」のショックと、はむはむしたあとの「コレは肉じゃねえ!」
の怒りは(肉の正体がちゃんと肉だったことがわかった今も・・笑)
ちょっと表現しずらいくらいの絶望感でしたねえ。

だからりりさんのコメント、食べ物への執着をシェアしていただける方がいた
ということがわかってめっちゃうれしいです!!!
ほらねっ!やっぱりりさん、お優しい方です!

2011/10/08(土) 23:15:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/292-88bd0fc0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。