スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒルトンヘッド探訪・リターン パートII

Hilton Head2日目。

今日は私がリクエストした「サイクリングDAY!

ヒルトンヘッドに来た方ならおわかりだが
坂がなく、サイクリングロードがきちんと
整備されているこのリゾート地でのサイクリングは
本当に快適!

以前、砂浜を4人で横並びで何マイル走っても
人にぶつからない、と表現したが、
なんせカメラを持っていってなかったので
「どんだけ~?」と思った方も多いはず。
(え?使い方違う?)

これがその証拠写真
Hilton+Head+2+060_convert_20101127120359.jpg

ちなみに後ろ漕ぎブレーキ自転車に
あたふたしてたら完全に取り残された、の図

この日、向かい風が強いことを懸念してくださった
Kayさん夫妻の提案で、観光客スポットShopへ内陸ライドをして
帰り道を送り風でビーチを走って帰ろう(天才!)案に
二つ返事で行き先を変更

確か12時頃家を出たはずなのに、
あんまり楽しくて、ランチに立ち寄った際
時計を見たら時計の針が2時を指していたことに
衝撃を受ける我々夫婦・・・・

今日のランチは
カエル邸
Hilton+Head+2+075_convert_20101127114135.jpg

KayさんもJanさんも初めてのレストラン
Hilton+Head+2+076_convert_20101127114309.jpg

面白かったのが、メニューの下に
「当店の店員はあまり頭がよくないので
別々でのレシート清算はご遠慮ください」
とある。

アッタマいいなあ(* ̄m ̄) 

うちの店のスタッフはバカですから、
難しいことは頼まないでね、と
書くことによって、波風立てることなく
面倒な客の要求を拒否できるという按配( ̄▽ ̄)b

確かに、このコはビールなし、このコは
サラダだけだけど、飲み物はアタシにつけて、
なんて、忙しい時に言われたらレストラン側だって
大変である。

これが店の頭のよさだということがわかるのは
受け持ってくれたウエイターの俊敏なサービス
を見る限り明らかだった。

そして、私たちがオーダーしたのは
私のティラピアサンドイッチ(Janさんも同じ)
Hilton+Head+2+065_convert_20101127113744.jpg

Kayさんのチキンサラダ
Hilton+Head+2+068_convert_20101127113910.jpg

オットはPhily サンドイッチ(ステーキとソテーしたオニオン、
溶ろけたチーズがぎっしり詰まった肉食サンドイッチ)

Kayさんと、二人で半分コすれば多くないよね、なんて
相談してオーダーしたのだが

甘かった


エブリバディ!ワンモアタイム!

Kayさんのサラダ
Hilton+Head+2+068_convert_20101127113910.jpg

私のサンドイッチ(魚の切り身がバンの2倍なのよ)
Burger_convert_20101127125048.jpg

これ全部食うアメリカ人いたら

間違いなくデブだと思う

いえ・・・頭の中のつぶやきですがな∠( ̄◇ ̄)・・・

と言ってるそばから、この発言を証明するような
オットオーダーの、食欲と大正漢方胃腸薬をそそる・・・
チーズと肉がしたたるステーキサンドイッチ
Hilton+Head+2+070_convert_20101127113913.jpg

軽くランチをとるはずだった私たちは
巨大なフライドティラピアのサンドイッチと
カリカリでジューシーなチキンサラダを
コロナで流し込み、満たされた胃が・・・・・

逆流しそうになりながらサイクリング続行♪

Hilton+Head+2+086_convert_20101127114513.jpg

Hilton Headとういうところは本当に美しいところで
観光シーズンが過ぎるとウソのように静まり返る。

よって、海岸沿いには数々のミリオネラー
つか、ビリオネラーがサマーハウスを持ち、
Kayさんの指差す先には
Hilton+Head+2+080_convert_20101127114336.jpg

Home Depotの創始者
のおうちが・・・・

彼までの規模までいかなくとも
Hilton+Head+2+082_convert_20101127114803.jpg
正体不明の金持ちのミリオンダラーハウスが林立・・・・・

成功している人ほど、人との接触を絶てる場所を
必要とするような気がする。

このご時世になっても、
いまだに携帯を持たないオットや
携帯をオンにしてたって、
週末にチンとも鳴らない携帯を持つ私にとって、
あまり努力しなくても人との接触が絶ててしまう
我々は、成功する前に人と接触する方法を
先に考えたほうがいいかもしれない・・・・( ̄∇ ̄*)ゞ 

ヒルトンヘッドの旅、次回は最終回です。


関連記事

2010/11/29(月) | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/281-70ff7b49
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。