スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ちょっといい話

更新するのはこの日にしよう、と決めて一週間。

自分のブログにアクセスするのもドキドキ、ビクビクの瞬間。

訪問者リストにいつも来ていただいている方の名前を見つけて
思わず涙ぐんでるワタシ・・・・もーわたしったら(泣けーもっとー!)

私は昔「努力すればゼッタイに報われる」とか
人は「話せばわかる」なんてことを心の底から信じてた
おめでたいオンナで、世の中、いろんな人がいて、
わたしごときの甘ちゃんには、道理の通らないことも
「世の中」だということがわかるまでン十年かかった。

だから、本当に困った時、助けてくれる人はほんの一握りなんだってこと
がわかった時は、子供からオトナへ脱皮した瞬間だったのだ。

こんな経験を1回すると、とてつもなく涙もろくなる。

こないだ、「まんが日本むかしばなし」動画をオットと鑑賞してた晩、
「鶴の恩返し」が途中で止まってしまったため、物語説明と相成った。

が、「鶴は自分の羽を一本一本引き抜き、その羽で織物を織っていったのよ」
と英語で説明している瞬間から、すでに鼻にツーンと来るものが・・・

「それなのにおじいさんは戸を開けてしまって姿を見られた鶴は・・」
「She said she has to go because  えっえっえっ」
「Good bye Grandpa....ういーっ えーっえっえっー」
この辺はもう涙こぼれ落ち、の鼻水すすりまくり、の声が震えまくり、状態で

オットは完全に

「??!!(汗)!!????Oh, OK・・・・!!!???」

だった。

が、実はこれが初めてではなく、過去に

「ごんぎつね」
「フランダースの犬」
「マッチ売りの少女」
を英語でオットに説明して号泣したのは記憶に新しい。

みなさん、ご存知だろうか?
アメリカにおいては、どんなに歴史的価値ある物語であっても
悲しい物語は全てハッピーエンドに脚色されていることを!

人魚姫は王子様と結婚するハッピーエンド
フランダースの犬も最後には大聖堂で救われるハッピーエンド

そりゃね、後味はいいですよ、ハッピーエンドであれば。

でもそれじゃ国語の時間に
「だちょうのエルタ」や
「ごんぎつね」や
「ぞうの花子」
で号泣した物語から得た「学び」って何だったの!?ってなりません?!

私はコレでアメリカ人代表オットにアメリカ人のご都合主義を責めまくって
溜飲を下げたけど、オットがまともに「アメリカ人の正義」
を振りかざしていたら離婚ものだったかもしれない。

そう、私みたいな日本人オンナ妻に
引き続き夕飯を作ってもらえるためなら
守銭奴、売国奴と呼ばれても、アメリカを
こき下ろすことを厭わない男ーオット。

オットいわく、「悲しい物語だと売れないんだよ」。

悲しい物語が飛ぶように売れる日本って病んでる国なんだろうか?

悲しい物語をポジティブなエネルギーに昇華できることはすばらしい。
日本もアメリカもそれぞれに素晴らしいところがあるのだから、
今日は、アメリカ版「乙武君」物語から、煮詰まった時
私がもらっている彼の元気をみなさんとシェアしたいと思う。

http://




関連記事

2010/08/29(日) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(5)

«  |  HOME  |  »

TC

『』

見ましたよ、動画。
思わず涙でました。。。e-259
最後の No arms, no legs, no worries の字幕にも涙。。。

もう昨日から泣きっぱなしの私です。と言うのも…
日本では昨日から「24時間テレビ」やっていて、病気や障害に立ち向かう
子供達の物語等が紹介されています。こういう番組を見ると
「自分なんてもっともっと頑張れるはず」と思ってしまいますね。

今朝もボッコリと腫れた私の目を見て思わず笑ってしまったダンナは
朝からケツ蹴り上げられてました…(by 私)
しかし、私もとても涙もろくなりましたよ、最近。。。
やっぱ歳とってババアになったからかなあ~(笑)

しかし、よかった、Hanakoさん元気そうで♪
何だかブログが生存確認の手段みたいになってますが…(笑)

2010/08/29(日) 15:01:16 | URL | [ 編集]

Hanako

『TCさん・・・』

私も何度も観て、何度も鳴いて、ちがった、泣いて
勇気付けられる動画なんです。

> > > 日本では昨日から「24時間テレビ」やっていて、病気や障害に立ち向かう
> 子供達の物語等が紹介されています。こういう番組を見ると
> 「自分なんてもっともっと頑張れるはず」と思ってしまいますね。
ああ、日本ではそういう時期なんですね。
確かに五体満足で、住む家もあり仕事もあるのに
人ってないものだけに関心を向けてしまう、私も日々反省してます。

> 今朝もボッコリと腫れた私の目を見て思わず笑ってしまったダンナは
> 朝からケツ蹴り上げられてました…(by 私)>>
ぎゃはは!TCさんのそーゆーとこがスキっ!!!!e-266
ダンナ様もきっと私と同じなんだろうなあ(^^)

やってもらって当然、もらって当然、だったバカで若い
時代から、いろんなことがわかるようになると、人の親切や愛には
敏感になるんですよー、ババアじゃなくて、人間として含蓄が
増えたんでございますのよー、TCさん、胸張って涙もろくいましょうねー!!(^^)/

生きてまんがな~、週にいっぺんのTCさんをはじめ皆さんのブログ散歩が
唯一の息抜きと楽しみでんがな~!

2010/08/30(月) 00:58:11 | URL | [ 編集]

yummy

『』

仕事中に涙ぽろぽろ。v-279
彼の一言一言にもう感動!
アメリカのテレビ番組でもよくあるようにドラッグ依存 アルコール依存 リストカットなど 
怒りやLIFEに行き詰まったりをそういうものに依存して 
人を責める 人生をあきらめる人が多い。。
生きてることに感謝をしないですよねぇ。。。
自分を見つめるいいチャンスですねぇ
副社長ありがとうございます。e-266 勇気付けられます。

確かに アメリカ版の物語 HAPPYエンドですねぇ (しかも笑いありとか!)
国によって エンディングが変えられるって聞いたことあります。
 


2010/08/31(火) 02:30:55 | URL | [ 編集]

Hanako

『TCさん♪』

> 見ましたよ、動画。
> 思わず涙でました。。。e-259
> 最後の No arms, no legs, no worries の字幕にも涙。。。

うれしいなあ、TCさんにそう言ってもらえると(涙)
彼、いい顔してるでしょ。喋り方もスキ。

> > もう昨日から泣きっぱなしの私です。と言うのも…
> 日本では昨日から「24時間テレビ」やっていて、病気や障害に立ち向かう
> 子供達の物語等が紹介されています。こういう番組を見ると
24時間テレビにはいろいろな意見があるみたいだけれど
こういう機会でもなければ障害者への情報って埋もれてしまうことも
事実だし、寄付金のシステムからすると間違っているのかもしれないけれど
この番組からポジティブなものを受け取れる人がいるのであれば
完全に否定するものではないと思うんですよね。

> 今朝もボッコリと腫れた私の目を見て思わず笑ってしまったダンナは
> 朝からケツ蹴り上げられてました…(by 私)
いやーん、もうTCさんったら、可愛いすぎっ!惚れてまうやないか~!
です!!!

ブログ、更新頻度下がってしまうの、実は心苦しいんですけどね
こうでもしないと「心意気」を自分自身に証明出来ないような気がして、えへ(^^;)

2010/09/06(月) 09:55:27 | URL | [ 編集]

Hanako

『Yummyさん☆』

> 仕事中に涙ぽろぽろ。v-279
> 彼の一言一言にもう感動!
私も何度も再生しては泣きましたよー。
でもそのたびに元気付けられて、そのたびに
彼によって自分を肯定できる子供達が増えていくのかもしれない
と考えると、本当に心が震えました。

> 生きてることに感謝をしないですよねぇ。。。
> 自分を見つめるいいチャンスですねぇ
> 副社長ありがとうございます。e-266 勇気付けられます。

アハ!副社長とか呼ばれると、「フーテンの寅さん」みたいな
気分になっちゃいますね(笑)
実は、仲の良い旅行会社のマネージャーさんからも
私のこのブログの感想をいただいて、「この動画にめぐり合えた、
この動画にめぐり合える機会をくだすったハナコさんに会えてよかった」
って言ってもらったんです。
なんか、それだけで、私、この彼にContributeできた気がしてすっごく
うれしかったです。
こんな輪、広げていきたいですね。

2010/09/06(月) 10:00:36 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/260-e1135542
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。