スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リタイアメント

週末は・・・
Open Hearth

義父の誕生日

このレストランは義父母のお気に入りで、
よく言えばその当時の面影を残した、
悪く言えば保守的なレストラン。

でてくる食事の質はいいけど、センスは・・保守的(なんて便利な言葉なのっ( ̄◇ ̄)\)

オットの家系か連中がオーダーするメニューも「保守的」( ̄◇ ̄)\

アペタイザーは、義母とオットはシュリンプカクテル
義父はアントレーについてくるサラダだけ。
日本代表はフライドオイスター(これにオニオンリングがつく)

アントレーは私を除く全員がフィレミニヨンホントに前屈・・違った退屈・・・
フィレミニヨン

私がオーダーしたのはクラブケーキ
クラブケーキ
日本にないのが不思議なくらいだが、これはカニ肉にエシャロットや卵、サワークリーム、
マヨネーズなんかが入ったカニバーグ様の食べ物で、白ワインとメチャクチャ合う。

フォークを入れると大粒のカニ肉がたっぷり入っていて、2個でお腹がいっぱいになる。

ここではスイーツに力を入れないことで一品一品の値段を抑えているのか、
お祝いに出された義父のバースデーケーキは多分1959年からこんなだったんだと思う。
Melvin cake
味は悪くない。

この日、実は義母のリタイアメントのお祝いをかねていたのだが、
初めて夫婦が100%24時間を365日共有しあう日々の始まりに、
すでにリタイアしてる義父はなんだか落ち着かない様子で、
はっきり言うと始終イライラしていた。

むかーし、日本に帰国する単身赴任だった男性が、送別会での席上、真顔で

「妻に捨てられないように共通の趣味を見つけて頑張りますd( ̄‥ ̄;)b」

と発言して、残る単身妻帯者を恐怖の渦に陥れていたことがあったっけ

「リタイアメント」

それは、「仕事!仕事!」で家庭を顧みなかった人にも、顧みてた人にも平等に訪れる。

その時は思ったより早く来て、思ったよりずっと長い。

お義母さん、おめでとう、そして長い間ご苦労様でした。


お義父さん、日中パンツ一丁の自由時間にさようなら~

関連記事

2010/03/29(月) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/167-774cb395
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。