スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

下半身DNA

日本では人を馬鹿にする言葉として「知能」や「礼儀」に欠ける
「頭脳」に関した単語がたくさんあるのに対し、
アメリカでは「下半身」周りの罵詈雑言が豊富である。

例えば「間抜け」「低脳」「無知」「最低」「無能」。
これに「野郎」を付ければ立派なののしり言葉である。

アメリカでは(敢えて英語で書きませんが・・・^^;)
アスホール(ケツの穴)
シットヘッド(ウ○コ頭)
ジャックアス(ロバのケツ)
エトセトラエトセトラ・・・・・

なんともはや、よく作ったね、って感じである。
昔、日本語をチョット話せるアメリカ人の友人と、偶然彼の友人と出くわした際、
彼が「ハナコー、He is my friend, けつのあなー( ̄∇ ̄)\」と紹介してくれた。

ま、便利っちゃー便利かもしれないけど。

そのせいかどうかは知らないが、義父母と会うと必ずシモ関係の話になる。

ある日義母の買い物に付き合わされた義父は、いつまでたっても
買い物が終わらない彼女に業を煮やし、義母のそばで「置きっ屁」をして逃走したらしい。

義母のすぐ後ろを歩いていた買い物客の女性と義母は、
シマウマのように同時にぴくっと頭を上げた。

買い物客の女性は義母に向かって

(アンタ昼にイッタイ何食べたのよっ( ̄‥ ̄メ)?!)という非難の目を向け

義母は

(アタシじゃないのよっщ( ̄ロ ̄;щ) !)と言葉にならない視線を宙に向けていたという。

もちろん義父は婦人衣料コーナーの陰で必死に笑い声を押し殺していたらしい。

こないだオットと買い物に行った私は、家に飾る絵を物色していたのだが、
「あ、アレはあっちにあったっけ」ともと来た道を引き返して
なにやら黄色い空気を通り過ぎた瞬間、突如、自分もシマウマ状態になった。

恐らくその時の私の顔は
「何食ったらこんなニオイになるんだっ( ̄◇ ̄;) ?」

と叫んでいたんだと思う。

10メートル離れた画材コーナーの陰で全身で爆笑しているオットの姿が見えた。

この父にしてこの息子アリ

DNAの強力な威力に、あわてて黄色い空気を走り抜けた初春の午後だった。


ボケの花




関連記事

2010/03/25(木) | どうでもいい話 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

zigzag yummy

『』

義理のお父さん 面白いですね!
大笑いでした。v-218
シマウマ状態のお母さんの様子を見てるお父さんオチャメでかわいいですよ。
だんなさんはユーモアなDNAを受け継いでたんですね。ハナコさんのお家は いつも
楽しそう!

2010/03/25(木) 11:50:33 | URL | [ 編集]

Hanako

『Yummyさん♪』

大笑いしていただけて光栄でーすv-238
実は義母も実家の母も似たような話があって・・・
そのうちにアップしますね(笑)

たしかにこの手の話題になるとオットサイドからはネタがつきません。
アメリカ人ってこういうことタブーかと
思ったんですけど、面白いコトは世界共通なんですね。
(彼らだけだったりして・・・汗)
Yummyさんとこではこんな話題、ありませんでしたっ???

2010/03/26(金) 08:45:58 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/165-18ad52a1
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。