スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

走る日本人、走らないアメリカ人

ところで、アメリカのオフィスで走るのはたいてい日本人である。

かくいう私もかつてはその「走り組」

その走り屋の日々が終焉を告げたのは、
前の会社で、社長も一目置くベテランのセクレタリー
のふとした習性を見た11年前のある秋の日だった。

今すぐ会長を呼び出せという本社からの電話を受け取った彼女は
会議中の会長の元へ50メートルはある廊下を
最初から最後まで早歩きで移動していた。

よおく観察していると「常に走っている」ヒトは
ここでは大変薄っぺらくうつる。

というか、アメリカ人は決して走ら()ない( ̄‥ ̄)

彼らはオフィス内をちんたら歩き、なるたけ座って事を済まそうとする反面
昼休みに駐車場をウォーキングし、施設内でランニングしている。

一方、日本の方々がメタボだのなんだのと騒ぎながら、毎朝自転車で通勤し、
駅の階段を駆け上がり、満員電車で重力に逆らいながら
重いカバンと自分を支える日常を見るだに、

十分じゃないっすか~щ( ̄ロ ̄;щ))))?

と説得したくなる衝動に駆られる。

さて、在米生活の長い日本人の方になるとあまり走ることはないが、
靴を引きずって歩くヒトが結構いる。

昔の上司はまさにその典型で、向こうから

ずるっぺたっずるっぺたっ

という音が聞こえると、まさにネコの首につけた鈴代わりに、オットへの
私用メールを閉じさせる警告音として活用していた。

ところが今年赴任した副社長吉田さんは無音で歩く( ̄‥ ̄;)
まるで靴の裏に肉球があるかのような静けさである。

「ずるっぱたっ」に飼いならされた私は
不意に背後に登場するミスター肉球吉田のおかげで
ただいま生産性200%である。

会社での生産性が200%に出力アップしたハナコ家では
バランスを取るため夕食は主食一品(手抜き)である∠( ̄◇ ̄)

タイサラダ“ヤムウセン”
ヤムーセン

ライムジュース3個分、生の紫玉ねぎと香草がたっぷり入ったこのサラダは
お肌にもデトックスにも最高!





今ふと気がついたが、私はオットが走っている姿を
いまだかつて一度も見たことがない( ̄◇ ̄;) ・・・・・



関連記事

2010/03/03(水) | アメリカ生活 | トラックバック(0) | コメント(3)

«  |  HOME  |  »

ベイ子

『はじめまして☆』

たまたまお邪魔しました♪

この記事すごく共感しました!
私の彼は日本で働いていますが、
「なんで日本人は走らなくてもいいのに走るの?癖なの?」
ってその姿を真似してました^^;

2010/03/03(水) 16:02:20 | URL | [ 編集]

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010/03/04(木) 00:53:35 | | [ 編集]

Hanako

『ベイ子さん♪』

ご訪問いただいたうえ、コメントまでくだすってありがとうございました(^^)

彼サマが日本で働いてらっしゃる、ということは
日本人ではないんですよね(当たり前か・・・笑)。
彼サマ、ダンナ様が外国人の方だと思いっきり共感してもらえるみたいです。
とってもうれしー!
なんか真似されてる様子が目に浮かんで再び笑えました(^^;)。

日本人の方々はいつでもどこでも走れるほど、
フットワークが軽いってことなんでしょうけど、
成田で空港スタッフの女性が制服姿で走っている姿を見ると
日本へ帰ってきたなあ、としみじみと感じ入ります~。
また、是非遊びにいらしてくださいね(^^)/~

2010/03/04(木) 02:52:27 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://atashiryu.blog68.fc2.com/tb.php/153-3178a18b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。