スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恐怖と笑いは背中合わせ

うちの会社は
多くの社員がいるので

コピー機は、

今はやりの
IDバッジでアクセスすることにより
自分の印刷物のみを
プリントアウトできるシステムにしている。

ということは

その日IDバッジを忘れると
同僚や部下に

自分が印刷しなくてはならない書類やら
メールを送って印刷するよう頼まなくてはならず

便利な反面
使えない時の不便は甚だしい。

実はかなり忘れっぽいワタシが
今まで1度しかIDを忘れたことがないのも

この不便さと、
人に頼まなくてはならなくなったら
仕事にならないという
恐怖心の成果なのであるが

そんなある日、

IDバッジを忘れて
大切な書類が印刷ができない、
という事態が発生した。。。。。







社長が (o ̄∇ ̄)σ






「ハナコさん、
悪いけどこの書類を
大急ぎで印刷してくれるかな?」

とすまなさそうに社長がおっさるので

「かしこまりました!」

と社長からのメールを開くのももどかしく
ワタシは張り切って印刷ボタンを押し
コピー機に書類を取りに行った。





戻ってみると社長がいない。

しまった!

社長はすでに
次の会議に向かってしまったに違いない、

今朝は11時まで
会議は入っていなかったはずなのに

緊急会議か!?会議室はいったいどこ!?

と慌てふたむいたワタシは、
自分のiPhoneを慌てて取り出すと

社長宛にソッコーで
テキストメッセージを送った。

「Kさん、
今どこにいらっしゃるんですかっ
щ(゜ロ゜щ) 」


数秒してKさんから返信があった。









「いま トイレです (* ̄∇ ̄*)」









ワタシがデスクの前で爆笑していると
Kさんがスッキリした顔で現れて
涙目のワタシの手から


「おおきに~ (o ̄∇ ̄o)」




さわやかに書類をかっぱらって
去って行った。



ワタシがIDバッジを忘れられない理由が
この日からもう一つ増えたことは
皆さんにも容易に想像がついたことでせう。



便利と不便
そして恐怖と笑いは背中合わせ( ̄▽ ̄)ノ 
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ







スポンサーサイト

2016/10/17(月) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(6)

新オフィスの外人

ワタシの新しいオフィスには

日本語を話す外人が何人もいる。
一人はワタシより上手な日本語を

書いて

話すし

こないだなんかは
後ろから
「おはよぅーっす!!_( ̄▼ ̄)ノ彡」

と声をかけられて振り向いたら
インド人のアンソニーしかいなくて

今の声は出向者の誰さんだろうと
まわりをキョロキョロしていたら

アンソニーがこう言った。
「ハナコさん、こないだは会議アシスト
ありがとうございやした~!( ̄▽ ̄)ゞ」

え_convert_20161003043407


聞けば、日本で長い間働いた経験があるらしく
娘さんはさらに優秀で、
読み書きは日本人以上なため、

父親である自分は
時々ダメ出しされるんです、
と笑って話してくれた。

さて、働き始めてすぐのころ、
奥さんが日本人だというアメ人が
日本語で自己紹介にやって来た。

この男が人懐っこい男で(ジョーダン:仮名)
会った初日から

自分のオフィスはここにあるから
遊びに来いと案内してくれたのだが、

可愛らしい3人の息子さんの写真を見せてくれたので

いたずら盛りのお子さんが3人も
しかも男の子じゃ、奥さんさぞかし大変でしょうね、

と、当時はまだ
頭上の上でにゃあにゃあ鳴くネコをかぶりながら
物わかりの良い上品な社長秘書を演じて見せたのだが

言い終わらないうちに叫ぶジョーダン

オレもなっ!ヾ(`◇´)ノ

そこで黙ってりゃいいハナコ、
かぶっていたネコを
一匹残らず叩き落とすとこう言った。

「アンタはここで
デスクワークしてるだけじゃん
( ̄ 。 ̄)」


「!!!!!!

声にならない声で抵抗するジョーダン。

ああ、この日からこのオトコに
ああでもない、こうでもないと
仕事と家庭の愚痴を聞かされる羽目になるとは

入社3か月目のハナコ(当時)は
知る由もなかった。。。。Orz...

続く・・・






ネコと同時に、上品な社長秘書のイメージも
叩き落しました!( ̄▽ ̄;)
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ









2016/10/03(月) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(7)

事件

全然更新ができなくてすみません。

実はちょっとした事件がありますた。

月曜日の朝、
いつもワタシより早く出社しているケイティが
その朝はなぜか出社しておらず、

同じ客に同じミスを繰り返した彼女を
きつく叱った先週のツケが

ついに部下の出社拒否か、
はたまた無断欠勤となって
わが身に降りかかって来たか!?

とばかり、
すわ、と身構えたのだけれど

それはワタシの杞憂だったことが
15分後彼女の友人からかかってきたことで判明した。

前の晩、
公道を運転していた彼女の車に
居眠り運転をしていた相手が正面衝突

車は大破。

骨折こそなかったものの
シートベルトで打撲を負ったケイティは
ERに運ばれた。

ケイティが連絡できる状態に落ち着いたら
連絡させるようにと伝えたものの

午後4時を過ぎても
彼女から連絡はない。

ついに所長
「ハナコさん、仕事終わったら
ケイティんとこ行ってみてくれる?」

通常アメリカの会社では
上司といえど、事故にあった
社員の家に別の部下を行かせる権限はない。

が、そこはホレ、
そこがいい意味でも悪い意味でも日系企業。

シートベルトの打撲だったら
3,4日すれば復帰できるよね?

と軽い気持ちで5時即して
ケイティのアパートを訪れたワタシ。

ケイティのルームメートと雑談しながら、
病院へ再チェックに行ったという彼女を待つこと40分。

ついにケイティが友人達と帰宅。

友人に支えられ
真っ青な顔をしたケイティは
ワタシの顔を見ると一瞬泣きそうになり、

アイムソーリー、と一言。

「You don’t need to apologize!ヾ(`◇´;)ノ 」

と声をかけるワタシに彼女の友人が
ケイティの状態を説明してくれた。

シートベルトの肩から脇にかけ、
ひどい皮下出血と打撲、

またシートベルトの腰骨部分は
摩擦と衝撃により
服ににじみ出るほどの出血

エアバッグと
正面衝突時の衝撃による膝の打撲

見せてもらったケイティの新車は
前面が完全にぐしゃぐしゃで、

相手のバンパーの下に
ケイティの車のバンパーが
食い込んでいるありさま。

交通事故というのは
本当に生きているだけでラッキーだということを
改めて思い知らされる1枚だった。

そんな中でも仕事に行けないことを
説明しようとするいじらしいケイティ。

が、いかんせん
仕事は超多忙なタイミングである。

ワタシのクチとワタシの脳みそは
同時に違うことを叫んでいた。

「Don’t worry about work!
(仕事のことは心配しなくていいから)」


「今の仕事量
アタシ1人でやるんかいっ!?
ヾ(`◇´;)ノ 」


「Take a good care of yourself…
I want you to get better first!
(大事にするのよ、
早く良くなってもらうほうが先決なんだから)」


「早く良くなって
早く会社来てくれい!!
ヾ(`◇´;)ノ 」


・・・そして1人で2人分こなした先週

運よくトラブルが
一件もなかったことが幸いし

ケイティが溜めていた
書類の山もほぼ一掃。

しかも同じ時期、
オットがシカゴに出張だったこともさらに幸いし、

ビールに冷やしトマトと干し貝柱、
などというディナーにも
誰からも文句が出なかった幸運なハナコ( ̄◇ ̄)b 

本来ならストレスと
長時間労働で崩壊寸前と思いきや

毎朝不思議なエネルギーに満たされて
目が覚める自分に気が付いた。

ワタシのブログを長い間
読んでくださっている
読者のみなさまならよおくご存じだが、

ワタシは「超」がつく
コントロールフリークである( ̄▽+ ̄*)

つまり、
自分の思い通りに支配したがる
完璧主義者なので

こんなワタシと
不運にも結婚してしまったオットや

こんなオンナの下で働く
アシスタントの苦労やはかりしれない。

なので一生懸命やってくれている
ケイティでも犯すミスや

仕事の遅れがいちいち気になるし
一言言いたい自分の抑えるのが大変である。

なので、どんなに忙しくても
自分のやり方で、完璧にこなした(つもりで)、
仕事ができる、今の激務の環境が
むちゃくちゃ気持ちいい。

そんな超多忙な週を終えた週末、
不思議な充実感に満たされつつ
オットとシャンペンをすすりながら


「なんだかさー、
超忙しい今のほうが超楽しいんだけど
なんなの?コレ・・・?( ̄▽ ̄)?」

と独白とも質問とも取れる独り言をつぶやくと
オットはにべもなくこう言った。

「しょうがないさ~、だってキミは・・・」

そこで仕事の悪魔だとか、
鬼だとか言われるとばかり思っていた

ワタシの耳に飛び込んできたのは
次のセリフである。





「仕事のヘンタイだもの ┐( ̄ω ̄)┌ 」


なんだよ、そのヘンタイって\( ̄皿 ̄メ)


と噛みつこうと思ったが



忙しいです、死んじゃいます、
アシスタントを雇ってください!ヾ(`◇´;)ノ

と上司に直談判を繰り返し、
晴れてアシスタントが入ったら

ああ、そうじゃないの、こうやって、
アレじゃだめじゃない、こうじゃなきゃヾ(`◇´;)ノ

とダメ出ししつつ、

幸か不幸か再び超多忙になったら
「キャー、忙しいっ!ヾ(≧▽≦)ノ゛」
と喜んでるワタシはやっぱりヘンタイなのだろう。

そんなヘンタイですが、

ブログだけには
「ああ忙しいけどブログもやらなくちゃ( ̄∇ ̄;)ゞ」
というプレッシャーに

押しつぶされていないところが
人間臭くていいでしょ?(o ̄∇ ̄)σ


うっウソですっ!
ヽ(゜∀゜ヽ(゜∀゜)ノ゜∀゜)ノ ━!!!







ケイティは木曜日に職場復帰です∠(・`_´・ )
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ












2015/08/24(月) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(12)

セクハラオヤジ

本日は一時帰国ネタからの
口直しに近況報告( ̄  ̄)ゞ

みなさま:

あの、会社から辞めさせられないでいた
お客様のKさんを覚えてらっさいますでしょう?

そう、
アナタはインポータントな方だから
と人事部長に言われて

なんでオレが
インポテンツだってわかったんだよ~(o ̄∇ ̄)σ

と返して鮮やかに
人事部長にスルーされたKさんのことです。

彼がうちで働くことになりました。

カリフォルニアで宝石商を営み

2度の離婚と

2度の大手企業への転職を経て

70歳を過ぎてなを請われ
セールスアドバイザーとして再出発。

御年74歳なう。

彼が商談を始めると
商談だというのに会議室は
吉本漫才劇場と化し

ヒマだからここで遊んでんだよー
このハナコがオレのボスだから
彼女になんでも聞いてくれよー<( ̄▼ ̄)ゞ

と茶々を入れつつ
「高すぎっ 負けろっ ( ̄  ̄ )ノ⌒」
とネゴすることは忘れない
うちの会社に新風を吹き込む74歳。

・・・だがこの74歳
下ネタが大好き。

意外に見えるかもしれないが
ワタシは下ネタが苦手である。

「ハナコちゃん、
なんかお手伝いすることない?( ̄ 。 ̄)」


「あ、じゃこの見積やっていただけます?┌(* ̄0 ̄)┐」

「いや、肩モミのほうが得意なんだけど( ̄▽ ̄)ノ」

「Kさん、それはセクハラです( ̄  ̄メ)」

「ええ~っ これでセクハラあ?( ̄∇ ̄*)ゞ 」

またある時は

「ハナコちゃん、なんでも言ってね ( ̄∀ ̄)b」

「そーですねー、
立ってるものは親でも使えっていいますからね」



「いやー俺もう立たないけど
( ̄▽ ̄)ノ」


What_convert_20150813094939.jpg

聞いてねーよっ( ̄  ̄メ)




またある時は・・・

「ハナコちゃん、
L社の件、大丈夫?」


「あ、Kさん、援助お願いできますか?」


「え?援助交際?
(o ̄∇ ̄)σ」



GC_convert_20150813100628.jpg


しまいには

「ハナコちゃん、これはどうすればいいの ( ̄◇ ̄)?」

「ツールバーのインフォをクリックして・・・」


「え?インポ?( ̄▽ ̄)ノ」
Penguin_convert_20150813095001.jpg


「けーさんっ!(ノ`Д)ノ<怒怒怒怒怒 」

「ナニー?( ̄▽ ̄)ノ」




「ワタシの周り半径10メートル以内は
セクシャルなジョーク禁止ですっ!
\( ̄皿 ̄メ) 」





「はあーい(* ̄∇ ̄*)」

隣で笑いをかみ殺すイケメン君。

ただでさえ忙しいワタシの毎日は

性的なストレスで
ムダにエキサイティングですが、

やっぱりストレスに翻弄されている
みなさまの毎日を思いをはせつつ、

ワタシも今日1日を
がんばることにいたしますo( ̄‐ ̄*)







ストレスの元凶レベルが、
みなさまと違いすぎますが・・・( ̄∇ ̄;)ゞ 
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ











2015/08/13(木) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(12)

平成生まれと仕事をすると

うちのオフィスがある入居ビルは

カギで開けるタイプとオートロックタイプ、
あとはコンビネーションキーで開けるタイプの
3種を選べるのだが

盗まれて困るもんなど
ワタシ以外何もないうちの会社は
もちろん一番安いフツーのカギタイプである。

先月、ずうっと空いていた隣のオフィスに
新しいロジスティックの会社が入ってきたのだが
この会社のネームプレートがいつも右下15度傾いている。

トイレに行く都度
気になって気になって仕方がないので
いつも直していたのだが

この間
ゆるいカーブを曲がった先にある
このオフィスの前で

ケイティが同じことをしている場面に遭遇した。

「ハナコサンモシテタンデスネー( ̄∇ ̄*)ゞ」

と無邪気に笑うケイティ。

さすが、グラスの水滴が気になったり、
メールのフォントが統一していないメールを見ると
じんましんが出たり、

デスクに置いた書類の角が
同じ角度に置かれていないと気になる

神経質と言う名の同じ病気を抱える者同士、
救いようのない症状に癒しを発見した瞬間である。

数日後、ケイティが
「ハナコサン、ハナコサン
トナリノオフィスノカギミマシタカ?!
モノスゴクカワッテマス!ヽ( ̄◆ ̄*)ノ」


スマホ世代の23歳の女の子が
コーフンするほど変わったカギなら見ずにいられない。

「へ~、どんなの?( ̄。 ̄)」

「ナンカ、デンキミタイナ・・・
マルイスイッチガツイテマスヽ(゜◇゜ )ノ」


ほお・・・

ワタシの頭の中では
よくSF映画とかで出てくる
瞳孔認証する超カッコイイ
オートロックが浮かんだ。
MIB_convert_20150323064012.jpg

あ・・コレじゃなくて・・汗

コレコレコレ(o ̄∇ ̄)σ
Pupile+ID_convert_20150323064002.jpg

たかだかロジスティック会社なのに
なんでそんなセキュリティが厳重なんだろう?

と思ったワタシが
トイレに行くついでに
目にしたその、





超最先端オートロック






Interphone_convert_20150323063953.jpg






脱力感にめまいを感じつつ
オフィスに戻ったワタシは
ケイティにこう言った。

ケイティ、これはインターフォンといって
中の人とこれで会話できる
トランシーバーみたいなもんなんだよ。
私の子供の頃は玄関にこれがついていてね・・・

って今2015年やないかっ!?
\( ̄皿 ̄メ)


し・・しょうがない、
平成21年以降に
生まれた人間と仕事をしていれば

若い頃、一太郎が使えない
役所のオッサンに腹を立ててた
自分と彼女がオーバーラップ、

いや、腹立てられてたおっさんと
自分がオーバーラップすることもある

試しに

「ケイティ、テープレコーダーって知ってる?( ̄  ̄;)」

と聞いてみると

ケイティ、胸を張ってこう言った。

「ワタシノオトーサンガ
ツカッテマシタ! ( ̄ω ̄)b」



その顔は
「そんな古いものでも
ワタシ知ってますのん( ̄▽+ ̄*)」

という悪気のない喜びに満ち満ちていて

今年ケイティのお父さんは
確か60歳になるはずだという事実に
2度打ちのめされたハナコだった Orz...





若者度ご確認の際
自分の傷口に、塩を塗りこむことのないよう
じゅうぶんにお気を付けください(* ̄∇ ̄*)
人気ブログランキングへ 
ブログランキング・にほんブログ村へ











2015/03/23(月) | オフィス | トラックバック(0) | コメント(12)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。